Hatena::Grouparayamatooru

大武仏

2009-11-30企画『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』

企画『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』

| 17:34 | 企画『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - 企画『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』 - 大武仏 企画『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』 - 大武仏 のブックマークコメント

index

荒山スレ6に投稿したもの。


次のスレあたりでやろうと思っている企画を考えています。

即ち、『荒山先生に面白いファンレターを出そう!』

要件は二つ。

1.面白いこと(ネット上に面白い荒山ファンの文章が沢山あるのだし、こういうのを荒山先生にも見て欲しいよねということ)

2.書いたからには荒山先生にちゃんと出すこと(荒山先生に見られることを意識して書くこと)

スレとしてあーだこーだ言いながらやってもいいし、このスレ見ているファンがスレとは関係なく各自やってくださってもいいですよ。

細かいところは随時考えて決めていきます。

2009-03-17やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-7

やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-7

| 21:23 | やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-7 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-7 - 大武仏 やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-7 - 大武仏 のブックマークコメント

index

柳生二蓋笠_index

元スレ:やる夫で紹介する歴史伝奇


516 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:31:42.48 ID:qGR642E0

      (…こやつ……!)  / ̄ ̄\                                     
                  /     \                                    
───----,,,,,________、,  |    .u  ( ○)                                     
───--,,,,____i.  フ.┬|      (___)                                  
             |   >.┴|           ,r' ''''‐‐‐‐---..,..,,,,_____
           ,-f,_l;ニl  __|          } `` ̄'''''''(' 二⊃‐--...,,,,,__ ̄'''''''‐‐‐--....,,,,___            
           |    ̄´  ゛'      < ___/ ソ        ̄ ''''''''''‐‐‐--..,,_ ̄''‐‐--..,,,__     
           ヽ                    _ノ                   ̄'''''''‐-..., ̄''‐- 
            `-‐---,_          | ̄ ̄ ̄                           ̄ ''' 
                 `~|          l                                   

            ,、         ――ー、           ,〃
            /,!         `',   ヽ,        ノ./
            | !           ,.. -‐._,   .ヽ      / ./
            ', !      .,./  ./  `゙''ー..}    / ./
               l |    / ゝ―′      \ / ./
            ! !   ./                 ,ゞ  ./
               l..l  /             /  ./    (…流石は父上だお……!)
                l..',. !   .:、 /        ./  / .!     
                l ゙'l _,,,,,,,_......,i-―'彡'´ ./  .!
              ゙l、ヽ 'i,;;iii./ '-..',iti,'!′  ./    !
   _,,,......................,,、   ...l `'--''゙,_゙''ー'"    ,r′   /      ___,,、
  .゛      / `''- ..,、.ヽ.  ( .゙|    ,/    . /  -'''"゙,゙二--‐
   ...'''''ーッ ./.r‐- ..,、 `''-.\. ..!  l,.,..-'" __,,,.. -'''゙  / .!---;;;;;;i;;,,
..--―-`- / ./     .゙,゙ ,,..,,......iニ`-`-''!;;三―- ..二;;i_l..゙`-`-゙‐''''
   ..___」./ /    _..;;,''"゙´/ `./ / ,l./ ./    \     l `' ..........
     ./ /   / ./  ./ 〃./ ,l" /   ...i|..-'ヽ   .!
     l ! ,. |―.l-_'ー-i゙‐'゙/ ./ / .`!';;ッ,','゙‐''''''ー、ヽ.  !
    │. /    ゝ./'ッ、、/ ././ ‐'"゛ |     .il"`'〃    _,,,.. -‐
..'''ー ..,'./ 、   ./ .,! / .,i/ ./ /     ヽ. ___,,,,,,..゙′./ヽ ー''"゙´


 そして、しばしの間、互いに隙を窺い、構えを解かぬ二人…


517 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:33:24.33 ID:qGR642E0
                                        /\     /|
                                \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
                                  \)'
        |   |         |         /   /. 
        |   |      _____     /  ヽ,)  
        l   |    /        \ /    /.  
        .l  | \/   , -―- 、      \    ヽ     はあっっ!!
        .l  | /   /     \     \   _)  
        .l  |     |        i      |__,..,)   
         l   |   /|  \,.i||i,/_ |      |  /-、 
          .l  i  /  丶 (○) (○) /      |    /ヘ
            l ^ ト、     \(__人_/  ̄ ̄ ̄ / .__  /  //7/ヘ /l ト、 |
          { ー'U         `ー./_/ ̄/  /// 7       /   V | ,l ヽ|
           {,='ヘ     ___/   匚  ./i/i/ ∧∧ ,ヘ
          ミ  ' ̄ ̄         // ./     l /l / / ./
          | .|ー――------- '  / ./        /./
        / .| .|          |   ̄       \  ̄

 だが、如何なる隙を見出したか…!


518 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:34:34.92 ID:qGR642E0
           `'''ー ..,、   `''-..、  `'-、      \         1.|./   ! l ./  〃  / /
=xii_,_           `゙''ー、,,,  `'ー、、  ゙'-、     .\        !.|:  / / / .〃  ,r゙/
    `゙"'`-=t;;ii ..,,_        `゙''ー .  "    \     .\         !./  .;"/./ . /   / ."  . /
_、         `゙''''´゙''ii,,;;.,,,、      .丶      `'=i、   \     !./ . "., ./   :'   ,/゛
`゙''“'┴- ..,,,,,_                              `ヽ   `'.    -  :   .゛    '"   ._...
,,,,___     . ゙゙゙̄''''''―- ....,,,_、                           丶           .,..-'"゛
'''¬ー`-`-ニニニ';;';;ー-.- 、...,,., 、  . ̄"'''―- ..,,,,_                                :
             ´`.""'                  ̄''''―-....,,.、
_,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,     _
--ー‐ー‐ ―‐¬'' ''''''' '''"  `                     __、
               __,,.... .;;;;,,ッ-一゛''         _,,,,iiiiiillll!!!!″
   . _,,,,.. -;;ニニ`-ー'''"゙´             _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″  ,,iilllli
二`-‐'''"゙´                 _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″    .,,iiilll!!゙゛                      ゛'.‐
       . _.....‐         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iillll!!゙゛                '、        ..
 _._..ぃー''"´       ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´          ,,iiilll!!゙゛            、      ヽ        .''
゙~         _,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´               ,,,iilll!!゙’        :     |        ヽ       `
     ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙″                _,iiilll!!゙゛      '       │        . l
 ._,,,,iiiiiillll!!!!゙゙゙´                   ,,,iilll!!゙’ .,   , /         |         ヽ
illll!!!!゙゙゙″                  ,,iiilll!!゙゛  /   ././          .l          ヽ  ..
゛                     ,,iilll!!゙´   ,r′  ./ ゙             !     ..     ヽ  '、
                       ,,,iilll!!゙’   . /    ,i'゙               ,!      .l      ヽ  ヽちゃっ!
                  ,,iiilll!!゙゛    ,r′  /              ,!      .!      .ヽ
                   ,,iillll!!゙゛    . /    : ″                 |       .!      ..l,
                    ,,iilll!!゙´     /     :                   |       .!       ヽ
             _,iiilll!!゙゛      /     :                  !      : : |       ゙‐

 但馬守、構えた管槍より繰り出される紫電の早業!


519 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:35:20.85 ID:qGR642E0
                                          __/ ヽ、  /   \ /    /
                                          /l|   \  /      /   /
                                     /l |     || ∧     /   _,∠ニ=一¬
                                   /|  l \   / /  ヽ  // /   ヽ   _」
                                 /Tl |/ヽ     / /    〃/     レ' ̄  |
             __                    _/7 |  \    ∠={     / /ヽ     /     /
          / \   `丶、            / / |  |   `T ̄   ',   / /   \ /   /ヽ
         , -{   \     `丶、 / ̄'、   /  |  |  ヽ ニン   ヽ   ヽ ,イ /     //  _∠L._ ヽ
      //ハ     \  , ==ニ7 rlニム _  |   /|_≧=ニイ      〉   V∧     /厶イ´    |  l
     /∠二ニハ      V l二/ └┘ \ |  | ∧          /    /  ヽ  /  ヽ    | |
.     厶ニx.    ∧ヽ  ∧Vニ7         ',|  | ∧        /     |     /∧     >=一/   |
    └辷フ^¬=ーヘ \/ ∧ヽ.l   ヽ  厶=/ |  |  /\        /      l   //  \ /     / |  |
             ', | {lY\\l下-ヲ-kニン / | | |  \__/         ヽ//   /    /  |  |
              ヽ∨7   \ `¬T^Y / ,|  | |       /          ∧   /     /l    |  |
                ヽ〉|    ヽ>ュト-f´ / |  | |    |            〈  ヽ/   / /   /   .′
                   | \   \|_」/   |  | l     |          l|  /   /   /   /   /
                ,ィ|  \     |   _∠」  | ヽ、   |          人ィ  / /   /  /
                /  l/下、,ニT丁 r¬  フ!  |   \   l           /  `>く /   /  /
             |   ∧  ヽ{  } ! └イ∠、'、 \    \ ヽ _, -─'´  _,二ニイ   /  /
             |  ,//∧ { ̄`ヽ.| / ̄   j厶x  \   \_,二ニ-‐' ´     \ /  /
             | _厶 fヘ二≧=-┴─'T゙ ̄_ハ\  \       |   _, -‐ ' ´  /
                  `7フ||   >' / | |} /| l ̄ / ∧ \  \_____`二 ̄         /
              ∠ニ/  ! L //  `Tテニ| L.//lンヘ、 \_              /
           //  |  八__/    / / Lニイ//   ` ー─────────‐ '´
         /l /    L厶ィ7      rl /  /  //
.        / ハ  / /  /       厶「\∠<イ

 しかし又十郎、この早業をひらっと交わすと、片手に構えた笠にて槍を受け流し…!


520 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:36:10.96 ID:qGR642E0
     _  [][]
    |  |
    |  |__
    |  ___|
    |  |
    |  |
      ̄
              `
               \ ,,_人、ノヽ
                )ヽ    (
             - <       >─
                )     て
               /^⌒`Y´^\
                               __
                              |__|
                                      /\
                                    / /
                               ___/ /
                               |___/

 そして、間髪も入れぬ次の瞬間…!


521 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:37:30.00 ID:qGR642E0
                    /              \
 , ;                /                 \
        c==ー^      /li   <こ_ .:; イ.:.:.:.:.::.:\ :     | :.:.:.::;;;;>'"
    z        ,ィ≦    ム}|/__/´⌒  /.:.:::::.:.:::.:.:.:.:ヽ    .::.:.:;;ィ'"  /
           __ -一   .:fr'/{ミ ,彡/ ,/.:.:.::::/.:.::::ノ_,,,:::-一宀 ´    {
    c== ¨¨       /^{ノ ilil// /⌒´ ̄ ̄ ̄`7´ /     /         ',
       c に≠==ー 厶-  il,/   〃    ー/, {  {     i          ヽ
               `ート、   〃   {i  か さ   ヘ. :丶ヽ: : :ヽ: : : : : : : : : : { :\
   C °。 : .      ヘ にヘ,{i   ヽ.i{   . . . . . : : : : ヽ、:\: : : :\: : : : : : : : ヽ. : :
                 : ', ,〉ィヘ  ヾミ{!. : : : : : : : : : : : : : :\. :\: : : 丶: : : : : : : : \
    グハアッ!? く {^ヽ人   ヘ≧ー‐rー宀7⌒ヽ. : : ヽ、__. : : : : :\. : : : : : : :
            :` 、: :ト ´  ヾ     ¨>く__ノ _,人___/,  |¨¨"¬r一=,,___ : :
               |     \   ⌒        /.   |
                 |.                     |
.                |.                      |
              ィー-ヽ                    ノ
            /     ヘ、__       彡彡 ´ _ ー'
           /       . : : : ´¨¨¬     , /
      .    /              ヽ、   /

 又十郎の笠は、但馬守の頭をはっしと押さえたのであった…!
(※ 拳に見えますがこれは笠です。心眼でご覧頂きたく)


522 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:39:20.54 ID:qGR642E0


                    ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                 j`‐'             ‘ーィ
               、- '              L_
               _ )                く
               )      勝負ありっ!   (_
               ´)                ,=-
                )                (_
                )               (
               ⌒)-、 ,. 、         〈
                   ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「


 こうして、仕合は見事又十郎の勝利となったのである。

524 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:40:59.23 ID:qGR642E0
       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /  :::_ノ:::::::ヽ、::\     …いや、正直、ほっとしたわい。
  / u .<->:::::<-> \   まさか本当に勝ちよるとはのう…大したもんじゃ。
  |       (__人__)   .|
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /


        / ̄\
          |    |
        \_/
         _|___  て
       /       \ そ
      /  u   ノ  \     さて、但馬殿、って…おい!
    /      u <●>:::: \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


525 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:42:53.12 ID:qGR642E0
   .     . / ̄ ̄\
        / _ノ  ヽ、 \           この将軍家御指南役のわしが敗れるなど…!
        | (⑪)(⑪)  |  ./´`;     最早こうなれば、どうしておめおめと生きていられようか…!
  .      |  (__人__) .|. ./   / ,. -、
        |   ` ⌒´  ノ .ィ.  / / /
         ヽ      }./  /''  ∠__,,,...、
       / ̄ヽ   _....ノ_   . ´    __.ノ
     . /  ∧r'"´    `ヽ    <´
   .  /    i | `''ーr 、,        ,._ `ヽ.
     {  /\ノ       ̄'ヽ、.,__,.イ  `' ー'
   .. `‐|\ \___
      |_ヽ-' /
       ヽ__/

           / ̄\
          .|    |
           \_/        
         __|__ て    こ、こりゃいかん!
        / ./::::::\u\ そ  但馬殿、しばし、しばし待たれよッ!!
      / <●>::::::<●> \
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  u \     /⌒)⌒)⌒)
| / / /   u. `|::::::|      .|  (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)     |::::::|    /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ      l;;;;;;l    \  /  )  /
ヽ    /      `ー'      ヽ /    /

 又十郎の勝利にほっとした彦左衛門、
だが、目をやれば、今度は但馬守がもはやこれまでと、
腹を切らんとし始めて、慌ててこれを引き止める。


526 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:44:34.64 ID:qGR642E0

          これ!とにかく待たれよッ!
         人の話を聞くのじゃっ!
    / ̄\
    |    |
    \_/      / ̄ ̄\     |ヽ
     _|__   /ノ L \ /\   .|| |   いやいや義兄上ッ!
   /      \  |  ⌒ ( ◎)(◎)   || |  お止め下されるなッ!
  /  _ノ::::::ヽ、_ \| u   (__人__)   .|| |  武士の情け、武士の情けでござるッ!!
/ u. <●>::::<●>  |     ` ⌒´ノ   f∋
|     (__人__)    |         }.   .|∪|
\    ` ⌒´    ヽ.        }___|  |
 /  ̄\   / ̄ ̄ ̄ .ヽ     ノi    .__丿
 |  ヽ、 \/  /(⌒)       ξ) ̄ ̄
     \ ./  / /         |


527 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:46:03.02 ID:qGR642E0
         ○  
 ○/ ̄ ̄\     ぐはっ!? 
 /   ⌒ ⌒\〃
 |    `ヽ/ ̄\〃   ○        ___
. |     ミ }    |             /      \
  |      >、_/   □        /\:::::::/::::  \   だから待てっての!
.  |    " ノ`ヾ}  \      /:<○>::::<○>:::    \
.  ヽ ○       }    \     |   (__人__)       |
   ヽ     ノ ■    \   \   ` ⌒´     _/
   /    く. \      \  ノ           \
   |     \  \    (⌒二              |
    |    |ヽ、二⌒)、      \         |  |


528 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:48:14.47 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         _|__
       /     \       ほれ!腹切る前によく見るがいい。
      /  :::\ ,::::, /:\. .   今、お主を破ったのは山男などではない。
    /    <●>::::::<●> \.
     |       (__人__)   |.    あれはお主の息子、又十郎じゃ!
      \      ` ⌒ ´  ,/.
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |     (__人__)   ………………はぃ?
  |     (
.  |     ` ⌒´ノ
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   /    く
   |     \\
    |    |ヽ、二⌒)
   l    l     \

 ここで彦左衛門、ついに真実を打ち明けた…!
流石の但馬守もこれを聞いて、一瞬その手が止まる。


529 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:50:22.90 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\     かつての放蕩息子、又十郎…。
    /     (__人__)   \.  しかし、己の非を悟り、修行に修行を重ねて、
     |      `|::::::|      |  今見せた通り、見事な腕前になったのじゃ!
      \     .|::::::|    ,/
      /⌒ヽ   l;;;;;;l    ィヽ
      / rー'ゝ   `ー'    〆ヽ
    /,ノヾ ,>       .ヾ_ノ,|
    | ヽ〆         |´ |


                   __ノヽ、_ノヽ
            / ̄\    )
            |    |   )   但馬殿!
            \_/   <.  この見事な腕に免じて、以前の事、許してやってくれい!
              |     ノ
           /  ̄  ̄ \  ̄ヽ,.-- 、,. -‐-
   ∩     /  ::\:::/::  \     ∩
   l ヽ∩ / .o゚<●> <●>゚o \ ∩ノ j
   ヽ ノ |    (__人__)     | ヽ ノ
    | ヽ \    ` ⌒´    / / j
  .  \  ̄ ───────  ̄  /
  .    \              /


530 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:52:40.07 ID:qGR642E0
      / ̄\
     |     |     ∩_
      \_/    〈〈〈 ヽ
      _|___   〈⊃  }
     /:::\:::/::\   |   |
   / <●>::::::<●>\  !   !    これ、又!
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l.   お前も早く父に詫びぬかい!!
  |     |!!il|!|!l|      |  /
  \     |ェェェェ|     //
  / __         /
  (___)       /

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l    ………父上…。
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 これまで口を閉ざしていた山男…いやさ又十郎、
ここにようやく口を開く事を許され、縷々語りだす。


531 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:54:18.96 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l   …父上、お懐かしゅうございますお。
     li   l'o゚((●))((●))゚o`ヽ  .l レ' /  又十郎、只今戻ってまいりましたお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l   
     li   l'o゚((>))((<))゚o`ヽ  .l レ' /  長らくの不孝、何卒お許しくださいお…!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘    
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


532 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:56:05.90 ID:qGR642E0
                        ヽ
               ,,  、       l
         ゝ_    _/  .. >..、     l
          `''''''‐"  _ __ ニ:_丶     1
       / 、      ^''''ー 、__ ゝ   │
    / . l 丿  l'"! 、 、 '''-ー-、 ´ ^ー-..、 .
    | 」 |  | || !  ! l │ '   ,r _..,, f.
    `、  '、 ゝ ノ / l ..′ ,´  | l│l .i
       `- - ゙‐'′  --"  ,ヘ ∪ ノ l.    ま、ま、またじゅうろう!?
                        ´ /   いや、この声は確かに…又十郎ッ!
           /            `)   お、お前なのか…!?
           f        丿   ヽ/
          入 ___ -'     ,′
         ( V v      "‐_ -'′
          ''-二ニ -=  `'`ソ /
            ´ ‐‐;ュ `' 、ノ  /...
              ニ   ′ 丿
                     !.
                     !.
     丶.._              /
       `゙ ‐--- ____-''
                 \
                   \
                     \

 但馬守、最早諦めていた息子の声を聞き、
驚きの極み達するも、その声、確かに三男又十郎。
思わず刀も取り落とし、山男ならぬ又十郎に一歩二歩と…。


533 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:58:35.75 ID:qGR642E0
 そして…

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \     父上!
  / o゚((●)) ((●))゚o \
  |     (__人__)'    |
  \     `⌒´     /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |   …又十郎…ッ!!
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |


534 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:00:12.84 ID:qGR642E0
          / ̄ ̄\  
        .ノ  \,_.  .\  
  父上!  ゚⌒ ⌒゚     |   又十郎!!
     / ̄(__人__) //// |  おお、又十郎…よう戻ってきてくれた!
   /  _ノ .ヾ⌒ ´     |  
  /   ゚⌒  {    .  /
  | ///  (__人\    .カ
  \     ` ⌒´ン     .ノノ ギューッ 
   /  ̄   ./  . .. し}
     .(⌒二_⊿ニ⌒)  .i


            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \     はっはっは…!
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \   これにて一件落着じゃ!!
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


 又十郎と但馬守、親子はひしと抱き合い、しばし嬉し涙に暮れましたとさ。


535 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:01:31.50 ID:qGR642E0
.                  {}
                 ,r'A':、
               ,r:'"/\`':.、
.         、_____,、.‐',,、_'___n,n__`_、,,`-、,_____、
.         ゙l、,!_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l_l,!、l゙
           |:::::::::::::::::::::::::::::n::::::::::::::::::::::::::::::|,
          ';王王王王王八王王王王王ヨ
           ]*;;r--.、;*r;"へ`':.*;;、--.、*;[
        _、,,,,,f'''*;;;^r:'",r'"' へ:'`' 、`':、^;;;*、L,,,,,.、
        ゙、=┴'ァ゙'"r'"´.:.:.:.:.:...:.:.:.:.:..`'-、`'=t┴=',゙
        ゙r:''",r'"..:.:.:.:.:.:lコ:lコ:lコ:lコ.:.:.:.:.:..`';;,、` ‐!、
    ゞェェtエ゙┼┬i┬┬┬┬rハ┬┬┬┬i┬┼┬t'ェェブ
     ゙,~~i~~~~~~~~~~~~~~~~~{n}~~~~~~~~~~~~~~~~~i~~゙;┐
     「;、.|  .冂 冂  冂l:''"..へ`' .l,冂  冂 冂  .|.. .|Ti
ゝ,、,,,,、、!‐''"┬┬┬┬;、‐'":'"::: ヘ:::`:.、`‐、┬┬┬┬┬`ーf-、、ィ,
ソ;゙、ニ┴┴┴┴┴ァ'"r:'´。 ......::.. .:....... 。'‐、`'t┴┴┴┴┴=゙7
ヽゞz、:|;ヘ「]「],r'"r'´、z、r、、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. `': 、`'-.「]「] .|_,'、
Y;;ゝヾi彡〉''"r''";ヾ;ゞ::::ゞヾヽ]「バヘ,'z]「:]:.:.:.:.:.:...`''‐`、':-.、,|l l l.゙i
ソ ヽ;; i;;ゝソ ヽ;;ゝ彡ソ ヽ;;ゝゞヽi;ゞ::::ゞヾ;ヘ――――,rz、;ヘz、`''ー-、;;ソゞヘ
ヽ;;;;ゝヾiヽ;;;;ゝヾゝヾ;ゞ::::ゞヾ;iゝヾ;ゞ::::ゞヾヘソ;ミ^ゝヾ;ゞ:::ゞヾミヘtz彡ヾ;ゞ;ゞ
ヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾヽ;;;;ゝヾ;ヽ;;;;ゝヾ;ゞ::::ゞヾ
ゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ソヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ
ヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ソゞヾ;;;ゝヽヾ ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞヾ;;;ゝヽヾソ;;;;ゝヾ;;ゝヾ ヽゞ

 さて、こうしてこの一件は無事に落着──


536 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:02:35.40 ID:qGR642E0

           / ̄ ̄\
         /  ヽ_  .\  又十郎、後は任せるぞ!
         (>)(<)。  |     ____
         (__人__)  ゚  |    /      \
         l` ⌒´    | / ─    ─   \  承知仕りましたお!
        . {          | /  。⌒     ⌒ o  \
          {       / |      (__人__)     |
     ,-、   ヽ     ノ、\    ` ⌒´     ./_
    / ノ/ ̄/ ` ー ─ '/><  ` ー─ ' ┌、 ヽ  ...ヽ,
   /  L_         ̄  /           _l__( { r-、 .ト
      _,,二)     /            〔― ‐} Ll  | l) )
      >_,フ      /               }二 コ\   Li‐'

 又十郎は復帰して立派に家を継ぎ、但馬守は無事隠居。


537 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:03:35.61 ID:qGR642E0
                        X     ______          X
                     /}  /. \     /,ヽ
                 ×   / / /    __\   /   ヽ、 . . ゜
                     _ノ_,ム′   ((:::::) ) (─‐ ) ヽ、        ,
               _/ /,. -‐〉:::::::::´ ̄`/   i  ヽ´ ̄:::ヽ   
        ☆ . .     ,. '´!{  ゝ-‐''^""¨二.ノ ヽ__人_ノ   :::::ヽ   これからは超時空指南役
            ×x .   ぃ     .ノ                 .|  飛騨守宗冬と呼んでくれお!
       . '´     ,. 介iー-、 {        ー─        |
  X    /       /ヽ' L!  ヽ. Y                  / ′ ; ☆
   x /      / /⌒ヽ  込J        ,.‐ヽ      /    / ゛キラッ☆
   i'´       /-r‘ー、  ヘ-┴‐〉 `'i¬  ヘ.__{:::::::}.    /   ゜ .
    ー 、 ---'´   コ:..:.}:    \ 丶  .l | -、匸⌒´:_;-、ノ }_ ´        ゜ ×.
     `ヽ、    └;.:.    ..  }  〉 ヽ.| 〈__:,.イv/´〕、冫`i  x
        ` ¬ゥ´:..:....:..:..:..: ,ノ、 \ { !    {.{j_/,ィう′ !
      x '   Y:..:..:..X:..:..:.∠.._    ヽ.} |.     } `マ^V   |      X

 又十郎も名も改まりまして、「柳生飛騨守宗冬」と相成りました。


538 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:05:07.85 ID:qGR642E0

           \ 柳生飛騨守宗冬の発奮談、
            \ おなじみ「柳生二蓋笠」の一席でございました~!
               ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∧..∧
           . (´^ω^`)
           cく_>ycく__)
           (___,,_,,___,,_)  ∬
          彡※※※※ミ 旦
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   \ どっ!!  /   \ ワハハ! /
     \     /      \    ∞
 l|||||||||||||| ∩,,∩ ∩,,∩  ∩,,∩ ミ∩ハ∩彡
 (,    )(,,    )    ,,)(    )(    )
                 パチパチパチ
 パチパチパチ

【講談 柳生二蓋笠】  ┼ヽ  -|r‐、. レ |
               .d⌒) ./| _ノ  __ノ


539 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 22:06:20.03 ID:qGR642E0

 てなわけで、長く間が開きましたが、
これが「柳生二蓋笠」の一連のお話でアリマス。

 まー実際は講談を聞いていただくのが一番面白いので、
前はクライマックスの前のところで閉じましたけど、
そうそう聞けるものでもない(ニコ動のも入れない人がおられるようですし)のと、
テキスト化されてるのは殆どなさそうなのもあって、今回は最後までやってみました。
時間が中途だった事もあって、柳生スレの本編は間に合いませんでしたが、
怪我の功名的にこっちがまとめられたのは個人的には重畳ー。

 さて、次こそ「魔界転生」をやりたいところなのですけど、
柳生スレの方もあるので、相変わらず時期は未定でアリマス。
パー速でやる夫スレやるのも微妙みたいですし、さてはて。

 ともあれ、本日はお付き合いありがとうございました>ALL
それではではー。

index

柳生二蓋笠_index

2009-03-16やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-6

やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-6

| 21:23 | やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-6 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-6 - 大武仏 やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-6 - 大武仏 のブックマークコメント

index

柳生二蓋笠_index

元スレ:やる夫で紹介する歴史伝奇


501 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:01:38.56 ID:qGR642E0
                ,__ , _ 、           _, .._ 、
             _....j|lllll_|lllll_|lョ__      _j|lll|l|llll|:ョ 、
         __uョllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll亡uョllllllllllllllllllllllllョllllllllllllllllョョu_
       _ullllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllF]lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ_
     ,,,ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〔ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllL_
      ̄ ̄ ̄’ ̄ ̄lll ̄ ̄”'lテ ̄"匸 二 ̄""'lllll_ ̄lllll"、lllll" ̄_]ll厂゙゙"ア''llllllll'、
              ゙゙ゞlll_ _____llll′"lllllL_ `゙lllllj リlr 'lllll!_ョll厂 __llll广
               __;]lllllテllll′    ゙゙''lllllョj ]lllllョェ__,三ニ_jllll广′
              ulll广    ゙lllll       ´~~~~`lllll~~゙lllllニ

   _人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人_ィ
  __,ノ                               L_
  ソ.   あ、あの、二蓋(にがい)の塗笠じゃとう!?   く
⌒ヽ                                (_
  ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
                                    ト、._人,.ヘ.__人_,.イ_,.ィ
                                 j`‐'             ‘ーィ
                               、- '              L_
                               _ )    そうですお!    く
                               )                 (_
                               ⌒)-、 ,. 、         〈
                                   ′ ヽ/⌒'^´ヽ'⌒ヽ「

 但馬守の真槍に対し、又十郎が望んだのは…なんと二枚の塗笠!

503 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:03:16.51 ID:qGR642E0
 この又十郎の提案には、流石の彦左衛門も吃驚。

          / ̄\
             |    |
           \_/
        ノ L__|__
       ⌒:::\:::::/::\        これ、又!
       / <●>::::<●>\     .冗談もほどほどにせよ!
      /    (__人__)   \    いくらなんでも笠で槍の相手がかなうものか!
      |       |::::::|     |   常識的に考えよ!
      \       l;;;;;;l    /l!|
      /     `ー'    \ |i
    /          ヽ !l ヽi
    (   丶- 、       しE |
     `ー、_ノ       ∑ l、E ノ
                レY^V^ヽ ワゴンッ!

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   
     li   l r' (-)r‐i (-) `ヽ   l レ' /    …いや、伯父上、聞いてくださいお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


504 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:05:25.69 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l  
     li   l'o゚((●))((●))゚o`ヽ  .l レ' /    今更ながら思い返すに、又十郎、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   あまりにも父上に不孝を重ね過ぎましたお…。
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や        \ 、  l |
.      l.  /  _ノ == .ヽ、___    l i  ノ l     そして、その上に
     li   l'o゚((>))((<))゚o`ヽ  .l レ' /    更にしないを用いて父を打つなど、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     不孝の上にまた不孝ですお。
     ヽ`'┴ー(__人__)---‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  `⌒´      _,,.. イ /┘      又十郎は、そんなの嫌ですお!
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


        / ̄\
          |    |
        \_/
         _|___
       /       \
      /  u   ノ  \    又、おぬし…。
    /      u <●>:::: \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \


505 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:07:25.03 ID:qGR642E0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |    でも…あの二蓋の笠なら、
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   まず一蓋で槍の穂先をずらし、もう一蓋で父上の頭を抑えられますお!
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /    
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /    笠ならば、元々頭に被るもの…。
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    これなら、頭に当てても不孝にはならないですお!
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \  て
        /  ::\:::/::  \  そ   …………!
      /  .<○>::::::<○>.u \
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


506 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:09:40.60 ID:qGR642E0
         / ̄\
         |     |
         \_/
            |
         / ̄ ̄ \
       /   " `..,::\
     :/       ::::;::::::|:.   ……………う、うううぬぬぬぬぬぬぬっ!
     :|         :;;::::::|,,
       ヽ.....::::::::::::  ::::_::/
       r "     .r ミ~.
     :|::|    ::::| :::i ゚。
     :|::|    ::::| :::|:
     :` |    ::::| :::|_:
     :.,'    ::(  :::}
       ::i     `.-‐"

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /  (…もしかして、怒らせちゃったかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   でも、又十郎はこれが一番だと信じるお…!)
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__
  -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |


507 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:11:19.82 ID:qGR642E0
             _,-‐===--、   て
           ./ .i、 /\, ,ィ \  そ
          / _| `"  " |_.ヽ
          .! .ゝ 表示価格の/ |
          .l .<   10倍!. `>..| て
          ヽ  ̄| , 、 ,.,、 ┌┘/  
          \ ´ ヾ  ヾ /
  ,r'ニニニヾヽ、    `ー-===-'"    //ニニニヽ、l|l        /\     /|
 ("; ̄ ̄ヾ))     __|___   ((/ ̄ ̄`゙`) \ \、_ハノ  ヽ、|/ |
 |   、ィ_ノと)'   / ::\i||i/::\  (つ(_,,ア   |!  \)'
 i|   ` イ_/  / :<⌒>::::::<⌒>: \. \_Y   |!   /. 
 .ヽ、  ' (  /   `゙(__人__)'"   \ / `  / ヽ,)   …ぬぬぬううんんっ、えらいっっっ!!
   \  \l     i|    |!     l/  /  /-、 
  l|l  \   \  、i|,/⌒ヾ、|!;,   /  / |l   /ヘ
      \  ヾ   `ー一';  ィ    /   i   /  //7/ヘ /l ト、 |
         ヾ、    ``";      / l|l           /   V | ,l ヽ|
    ゚   |!  Y           ィ |!  。
    ,.  '  、/               ヾ ; ;  `
  ゚, i! `| ゜、l!            i|!; ゚ ゜ 。l|l
   ヾ从ソヾ、, ;;ソ'人゚;,ィ~;;へ、ィヘ;;;ンy从/ゞ〆;  ,.,
 _..〆  ..:::ソ  ..:_::ノ .::j   .:::ノ`ソ;::ゝ .::::...ヽ _.:::`


508 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:13:24.34 ID:qGR642E0

         / ̄\       )    よう言うた、又!
         |     |       )   そのくらいの了見でなければ勝ちは得られまい!
          \_/        )
         __|___       )    しからば、早速但馬の奴を煽りに煽ってこようぞ!
       ./:::\:::::/::\      ヽ  待っておれ!
      / <⌒>::::<⌒>\ ,    )
     /    (__人__)   \,   `v'⌒ヽ/⌒ヽ/       ,. ‐- .. _
     |       |::::::|     |                   /  __  `` ー- 、
     |       |::::::|     |               , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
     \       l;;;;;;l    /"             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
       \    `ー'    \_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !   ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |   
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l   
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /    お、お願いしますお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   (…でも、ちょっと心配だお)
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


 又十郎の心意気に感じ入った彦左衛門、
これは見事、こうでなくてはいかんと、上機嫌で但馬守のところへ。

509 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:15:28.22 ID:qGR642E0
 そして、但馬守のところに戻った彦左衛門、但馬守を煽る煽る…!

           / ̄\
             |    |
           \_/
             | __
            ┴´   ``ヽ
          /::::::::::|::::::    `ヽ       いやいやいや、但馬殿!
         /:::\::::::::<● >   `ヽ     あの山男め、真槍が真剣でも弓鉄砲でも構わぬ、
    ((   / <●>::::::::::⌒      )     なにでこようがぺぺーっとあしらってみせようと言いおったわ!
        |  ⌒(_人__)       ノ | |
        ヽ    )vvノ:      / ノノ
          ヽ (__ン       人
         人           \


   / ̄ ̄\  て
  / \. ./ \ そ
. |  (○)(○)  |   な、なんと…!
. |  (__人__) u.│
  |    `⌒´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |
    |      |


510 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:18:35.20 ID:qGR642E0

         / ̄\     しかもそれが凄い!
        |     |    なんとあの山男、笠でお主のお相手致すと言うておる!
         \_/    こりゃあたまげたもんじゃ!
         _|__   すごいのうwwwwwすごいのうwwwwwwwwwwww
        / \ /\
 ミ ミ ミ /  ⌒  ⌒ \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


     / ̄ ̄\
   / u.  \ ノ
   |    ( ○)(○)   …………!
.   | ノ(  (__人__) 
    | ⌒    ` ⌒´ノ
.    |  u.      }
.    ヽ        }
     ヽ     ノ    
     l/   く  
     |     \
      |    |ヽ、二⌒)



511 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:20:34.72 ID:qGR642E0
        / ̄\
          |    |
        \_/
          |            はっはっは!
       /  ̄  ̄ \       今からでも遅くはない。
     /  \ /  \     養子の話、受けてみてはどうじゃ?
    /   ⌒   ⌒   \.    今ならわしの御意見もつけてやるぞ?ん?
    |    (__人__)     | 
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  / 御意見   /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄御意見 /|  ̄|__」/__ / 御意見 . /||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 . /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

  / ̄三\
 ノ(;;;  _ノ 三 \
 ⌒;;;  ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)   そこまで言われて引き下がれるわけないだろ、
  |;;;    ` ⌒´ノ   武士の面目的に考えて…!
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }    ならば、今すぐ始めましょうぞ…!
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 煽りに煽りまくる彦左衛門によって、但馬守、怒り心頭に達し、
いざ、山男(の風体の又十郎)との仕合に…!

512 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:22:44.53 ID:qGR642E0
              ./ /
     / ̄ ̄\   ./ /
   / \i||i./.\ ./ /
   |  (○)(○) .|/ /   ………。
   |  (__人__) / /
   |   `⌒´ / /
   |.      / /|
   ヽ     / //
    ヽ    ./ //
   /    / / \

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ
        /        \ ヽ.
       /  ∀  /      ヽ /l    (…父上……髪が白くなって…。
   /  l .-、__.ィ---、     レ |     もう、そういう年だったんだお……)
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//


 さて、遂に仕合う事になった但馬守と又十郎。
ここで八年ぶりに顔をあわせた親子であったが、
今の又十郎は山男、怒り心頭の但馬守に、我が息子と気づけるはずもなし。


513 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:24:35.73 ID:qGR642E0
       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ  (…このわしが、このような仕合などせねばならぬとは…。
   |::::::::::::::::::::::    /    わしに息子は三人おれども、いずれも役に立たず…)
   .|          /
    \        /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |  (ああ、せめて又十郎の奴だけでも残して修行させておけば…)
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

 しかして、いざ、山男との仕合となって、
但馬守、心中の悔恨に思わずほろりと涙ひとしずく…。


514 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:27:03.75 ID:qGR642E0
       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\    …但馬殿、いかがなされた?
  /   <->::::::<●> \ 
  |     (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


        / ̄ ̄\
     /  ヽ、_  \
    (⌒)(⌒ )。  |
    (__人__)     |    …いや、失敬。
     (`⌒ ´     |   では、早速お相手仕る…!
.     {           |
     {        ノ
      ヽ     ノ
      ノ     ヽ
       /      |


515 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」(ネタバレ編) 投稿日:2010/01/31(日) 21:29:17.15 ID:qGR642E0
                 / /         .....             ____ __
                ./ /          ....            'ーr‐‐r、`、 \
               / /           ...          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
               / /           .....      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
              ./ /            .....      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     / ̄ ̄\   ./ /             ...     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
   / \i|||i/_\ / /                    |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
   |  (○)(○) .|/ /    \ ,,_人、ノヽ         ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
   |  (__人__) / /      )ヽ    (          ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
   |   `⌒´ / /    - <  V S  >           >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
   |.      / /|       )     て  .... -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
   ヽ     / //      /^⌒`Y´^\    .     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
    ヽ    ./ //                 ...     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
   /    / / \                     (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
    柳生但馬守                          山男(柳生又十郎)


 さて、こうして互いに気づかぬまま、親子の仕合が始まってしまったのであった…!

index

柳生二蓋笠_index

2009-03-15やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-5

やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-5

| 21:23 | やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-5 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-5 - 大武仏 やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-5 - 大武仏 のブックマークコメント

index

柳生二蓋笠_index

元スレ:やる夫で紹介する歴史伝奇


457 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:44:20.32 ID:cf8nfIM0

                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││||  .||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 柳 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 生 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      / ̄\
     |     |     ∩_
      \_/    〈〈〈 ヽ
      _|___   〈⊃  }
     /:::\:::/::\   |   |   これ、彦左衛門が参ったぞ!
   / <●>::::::<●>\  !   !  但馬殿はおられるか?
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l.
  |     |!!il|!|!l|      |  /  「はっ、只今!」
  \     |ェェェェ|     //
  / __         /
  (___)       /

 さて、柳生屋敷へ到着した彦左衛門と又十郎。
早速、彦左衛門が来意を告げ、するすると中へ通される。


458 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:45:30.42 ID:cf8nfIM0
     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●     これは義兄上、ようこそ参られました。
   |      (__人__)   …本日は何用で?
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \     うむ…本日はの、
      /  .<->::::::<->  \   柳生一万二千石に関わる大事の話をしに参ったのじゃ。
      |    (__人__)     |
      \    ` ⌒´    /   「当家の大事、ですと…?」
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l


459 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:46:59.89 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
           |    |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /   ::\:::/::::\     うむ、実はな、先だって御老中松平伊豆守に
    /   <●>::::::<●> \   但馬守は下手じゃ未熟じゃと申した山男がおっての…。
    |     (__人__)    |
    \     ` ⌒´   /
       ̄(⌒`::::  ⌒ヽ
        ヽ:::: ~~⌒γ⌒)
         ヽー―'^ー-'
          〉    │


          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \    試しに数名に立ち合わせてみれば、
  (  く  ./< >>:::::<<>u\  .> )   これがまあ強いこと強いこと…赤子の手を捻るが如し、というやつでの。
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/     そこで、伊豆守殿が仰るに…。
      \             /


460 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:48:31.41 ID:cf8nfIM0
                   ____
                _,、r'´:::‐、`ヾ‐、`丶、
               /:::::l、:{⌒ヾヽ::ト、:ヽ:::::ヽ
              //!:::i:l:!::ヾ、::::::ヾ::!`ヽ:ヽ:::::ヽ
             〃:!:l::::l!:ト、::::liヽ、:::リ:!::i:::ヽ:ヽ::::i
             i:!::!i::i::::i::!:i:ヾ!:i::::!:、:::!:::l:i:!:ヽヽ:l:!
             l!::!:!:iト:::!:i:j/代トト、l:ハ::升ト!:l::!:!lj    ははは、これは大したものだなあ。
             li::l::N{:ヾVヘ「 ̄` lハ ソr‐テハ!:l/   じゃあ、こうしよう。
             !:l!:ト、l::l{`         !  j川/
             ヾト辷N!      ‐ノ  !:l/     この山男と但馬を仕合させて、
                Yl:ト、    ヾ==r  ノ/     山男が勝ったら、指南役を山男に換えようじゃないか。
               iN \.  ` ニ′/}'
                丨   丶、  /
             ノ ̄´"''‐ 、   `¨´¦
          _rく    /癶V⌒!=| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     __,、=T下、``ヽ  /‐''"_, -ヘ|      |
    /「 ̄´  ヽヽ \ ヽ/   ´  _,,厶ヘ       ∧=、、
    |八 \      __/      _,)ヽ___/  ヽ ``=、、
   ∥ \ ! V´ ̄:::::/      _,ノk>、`T!::::::":::\_   ∥
                老中・松平伊豆守


461 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:49:54.27 ID:cf8nfIM0
             / ̄\
               |    |
             \_/ 
               |     …と、こう申されたのじゃ。
           /  ̄  ̄ \
     / ̄\/  ::\:::/::  \/ ̄\
     |   /  .<●>::::::<●>  \   | ))
   (( |   |    (__人__)     |   |
     |   \    ` ⌒´    /   |


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)   (…なんだそれ…!?
  |     |r┬-|    おかしいだろ常識的に考えて…!)
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\      無論、お主の事。
  /   <->::::::<-> \   そう遅れは取るまいとは思うてはおるが…。
  |     (__人__)    |
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /


462 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:51:51.73 ID:cf8nfIM0
                   / ̄ ̄ ̄ ̄ \
                 /          \
                 |             |
                 |             |
                 |             |
                 \          /
                  \ ____/
                       |
                       |
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              /                \
            /                   \
           /      \        /       \        …お互い歳じゃ。
         /       ...::::::\ :::::::::: /::::::..       \     歳には勝てん…!
        /       _ .::::::::::::\:::::::/:::::::::::.. _       \ 
      /      /,..::::::::::.ヽ\:::::;;;;;;;;;;;;;;;;;::::/,..::::::::::.ヽ\     \    「………」
    /      <  {:::::::::::::::::}  >::::;;;;;;;;;;;;;::<  {:::::::::::::::::}  >      \
   /       \ ヽ;;;;;;;;;//::::::::::::::::::::::::\ ヽ;;;;;;;;;//       \
  /                /     i     \              ヽ
  |              /        ∧      ',              |
  |              {        / ヽ     }             |
  |              ヽ___/ __ \___ノ                |
  |                ヽ   ´    `  '                 |
  \                                      /
   \                                    /


463 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:54:05.74 ID:cf8nfIM0
         |
     \  __  /
     _ (m) _
        |ミ|
      / _|__\
     / ::⌒:::⌒\     そこでわしゃ閃いた。
    /  <●>::<●>\   ならば、その山男を柳生家の養子にしてしまえばよいのじゃ!
  /    (__人__)  \ 
  |      `⌒´     |  ・・・とな!
  \            /
  /              \


   / ̄ ̄\   て
 /   _ノ  \  そ
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)    (なん…だと…!?)
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、


464 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:55:24.97 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <⌒>::::::<⌒>\     そうすれば、柳生一万二千石に傷もつかぬ…。
    /     (__人__)   \.  せっかくなのでその山男を今、連れてきておる。
     |.      `⌒´     |  …どうじゃ?
      \            ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |


        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |  …………。
       |::::::::::::::    |   
     .  |::::::::::::::    }    
     .  ヽ::::::::::::::    }     
        ヽ::::::::::  ノ     
        /:::::::::::: く      
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,―
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)


465 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:57:04.86 ID:cf8nfIM0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|   …義兄上。
   |::::::::::::` ⌒´ |  老いの身で指南役の勤めは果たせぬとの侮りを受けては、
 .  |::::::::::::::    }   この身の名折れ。
 .  ヽ::::::::::::::    }  
    ヽ::::::::::  ノ    ご希望通り、仕合を受けましょうぞ。
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \


466 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:58:05.12 ID:cf8nfIM0
          , --────-- 、
        /           \
       /              \
     /   ノ L     .|.  | | | | | | | |\ .|
    ./    ⌒      !、 | | | | | | |  /\
   /             _`'- | | | | | |;-'´:::: \
  |         / / ̄\\:|||||||// ̄\\
  .|        | |. ○ .|  ,|:;;;;::| |  ○ | |
   |         \ \_/ /::;;;;:::\\_//    ただし、柳生流は御留流故、
   .|             ,/    ::|::     \     宝蔵院の管槍にてお相手仕る…!
    |            |     |     .|  
    |            |     |     .|     無論、使うはこの真槍でござる。
    .|             \__/\__/|     もし敗れることあらば、その場で切腹致す!
    |.              トエエエエエイ  .|    
    .|                   '.{| | | | | |.|  }  ./      そのような山男を当家の養子にするなど、
     |                   .{| | | | | |   }  /       有り得ぬ事でござる!
      丶                  .{| | | | |   }  l 
      \                 、`ー一一 ' /
       .\                       /
       /ヽ                /


467 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:00:12.22 ID:cf8nfIM0

    / ̄ ̄\
  /:::::::⌒ ⌒\
  |:::::::::(●)(●)|
 . |:::::::::::(__人__)|   ああ、無論それがしが勝てば、
   |::::::::::::` ⌒´ |  その山男は槍玉に挙げてくれるのでその御積りで。
 .  |::::::::::::::    }
 .  ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /ヽ三\´
    |:::::::::::::::: \

      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \  
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \


468 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:01:18.16 ID:cf8nfIM0
      / ̄\
      |    |
      \_/
       _|__
     /      \       (こりゃいかん。ちょいと薬が効きすぎたか…)
    /\ :::::: /:::: u \ 
  / <○>::::::<○>    \    あいや但馬殿、しばらく!
  |   (__人__)    u.   |   今、当の山男にも相談してまいる…!
  \ u. `⌒´      /
  ノ           \

 流石に薬が効きすぎたかと、彦左衛門、
別室の又十郎のところへ戻り、相談する事に。


469 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:02:49.47 ID:cf8nfIM0
       / ̄\
       |    |
      \_/
        |
      / ̄ ̄ ̄ \
    /   ::\i||i/::\     又よ、えらいことになってしもうた。
  /   <->::::::<-> \   但馬の奴、お前を真の山男と思うて、
  |  u   (__人__)    |  真槍を以って相手するとか言い出しおった…。
  /     ∩ノ ⊃  /
  (  \ / _ノ |  |    とりあえず、槍はたんぽの槍に変えさせるが…。
  .\ “  /__|  |
   . \ /___ /

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l    いや、伯父上。
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   その心配はいりませんお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


470 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:04:33.60 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   たとえ真槍が真剣や弓鉄砲に変わったとしても、
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /  それを防ぐ術がありますお!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    その又十郎の獲物は…!
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー-
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


         / ̄\
         |    |
         \_/
         ___|__   て
       /     .\   そ
      /   .\ :::: /\     な、なんと!?
    /    <○>:::::<○>\  ”アレ”であの但馬の真槍を相手するというのか!?
    |      (__人__) u. |
     \    u.` ⌒´   /
    ノ            \

 又十郎の所望した獲物に驚愕する彦左衛門。
はたして、又十郎が望んだものとは何か!?


471 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:05:55.00 ID:cf8nfIM0
        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \       はっはっは、但馬殿。
     /  \ /  \    あの山男め、真槍が真剣でも弓鉄砲でも構わぬ、
    /   ⌒   ⌒   \   なにでこようがぺぺーっとあしらってみせようと言いおったわ!
    |    (__人__)     |   さ、はじめられい!
    \    ` ⌒´    /
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/☆
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ


  / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)  ここまで言われて引き下がれるわけないだろ、
  |;;;    ` ⌒´ノ  武士の面目的に考えて…!
.  |;;;;        }
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;l    ノ
   /    く
   |     \
    |    |ヽ、二⌒)

 又十郎の話を引き受け、但馬守を挑発しまくる彦左衛門。
怒り心頭に発した但馬守、いざ、山男(の風体の又十郎)との仕合に…!


472 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:07:57.57 ID:cf8nfIM0
       , -――-、
     /      \
    /::::::::::::::     ヽ
   /::::::::::::::::::     ヽ  (…このわしが、このような仕合などせねばならぬとは…。
   |::::::::::::::::::::::    /   わしには息子が三人おれども、いずれも役に立たず…)
   .|          /
    \        /


        _,. -┬ fニト、
      r'´ 、r | | ,.L |
      |   (_ノ j {. '、\
      |    }‐イ-上 〉. \
      |    ノ´     /)゚o |  (ああ、せめて又十郎の奴だけでも残して修行させておけば…)
     i      r‐‐人__) .|
     ヽ   .ノ ` ⌒´ . |
      i  !,       ノ
      .',  ヽ、 .   /
        \  .     ヽ、
         \      |.i
           |    .   | |

 いざ、山男との仕合となって、
但馬守、心中の悔恨に思わず涙ひとしずく…。


473 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:09:36.55 ID:cf8nfIM0

 …今、全てを決める仕合が始まる。


                 / /         .....             ____ __
                ./ /          ....            'ーr‐‐r、`、 \
               / /           ...          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
               / /           .....      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
              ./ /            .....      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     / ̄ ̄\   ./ /             ...     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /
   / \i|||i/_\ / /                    |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
   |  (○)(○) .|/ /    \ ,,_人、ノヽ         ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
   |  (__人__) / /      )ヽ    (          ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
   |   `⌒´ / /    - <  V S  >           >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
   |.      / /|       )     て  .... -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
   ヽ     / //      /^⌒`Y´^\    .     | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
    ヽ    ./ //                 ...     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
   /    / / \                     (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈
    柳生但馬守                          山男(柳生又十郎)


 果たして又十郎は如何なる手を以って但馬守に立ち向かうのか!?

 そして、この仕合の後の展開や如何に!?


474 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:11:24.42 ID:cf8nfIM0
                ,__ , _ 、           _, .._ 、
             _....j|lllll_|lllll_|lョ__      _j|lll|l|llll|:ョ 、
         __uョllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll亡uョllllllllllllllllllllllllョllllllllllllllllョョu_
       _ullllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllF]lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllョ_
     ,,,ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll〔ョlllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllL_
      ̄ ̄ ̄’ ̄ ̄lll ̄ ̄”'lテ ̄"匸 二 ̄""'lllll_ ̄lllll"、lllll" ̄_]ll厂゙゙"ア''llllllll'、
              ゙゙ゞlll_ _____llll′"lllllL_ `゙lllllj リlr 'lllll!_ョll厂 __llll广
               __;]lllllテllll′    ゙゙''lllllョj ]lllllョェ__,三ニ_jllll广′
              ulll广    ゙lllll       ´~~~~`lllll~~゙lllllニ

            ''l>r   -.._               く''‐ 、
            卜卜  _ノ _冫  _,,-,,_      __  l  l′
           ___l 一-< <_ャーコ「イ 〕     ノ │ ! ||___-..,,_
         ‐ニニ丿 f"│||│ l││ 卜│    /’ ┴‐┤ ゙ ニ---′
           ./  ニ''’ ||_l 〕1 │ l 丿   ノン"゙""`卜 [ ___
           / _」 !"'、 _、:l || I'┐丿   ' ̄  ..---┘ ゙二 .. コ′
          /ン’}│ ''''^j’丿卜卜"´        `''''"│ !
          ̄  〉 l  / /  1 !            │ 」__........--.._
            ││ ..lト′  | ト      ..ッー''‐亡∑ニ---------..ニ
            `ー′     ゝ′      ゙''" ̄
                              __
                         'く''''L  '厂'L__        f'''''y   |!"'Y __....__
          ____..―- 、        ---':'、 L__ f ..ニ--┘      丿 ┴'二?’__二ニ--′
       < ニ---―‐′       "‐''´ ヘJ `コく--..、      ,,l'ン''ゞ1ノ / ゝ │
                        <ニ〔冫 」コエニ‐ 、、    /‐′ ゙゙''ヽ `1__.. 二
                       =ヒコニ厂_一'┬辷―''′      _--r七.. ニ _--ゞ
               _____        ┌^ '七ニ┴、 │         `''に _  〉 卜
    ,,_....----ー‐'‐ 亡ニニ二__ "┐    -..×F「七''' ニ`゙T          ヽ │/ /
    "ー-ー‐‐''"" ̄´    ̄ ̄"      ヽ 't"l "│:l │ ,' ___       ___ ∑/-――'' ̄''┐
                      _----!_ 辷_∑..∑.... ⊥ニ7    に ニ--ー‐''''''" ̄ ̄ ̄"′
                      `'''' ̄ ̄

476 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:12:32.64 ID:cf8nfIM0
【登場キャラ】

 柳生又十郎宗冬    : やる夫/∀ガンダム(∀ガンダム)

 柳生但馬守宗矩    : やらない夫
 柳生十兵衛三厳    : ラオウ(北斗の拳)
 柳生刑部少輔友矩  : トキ(北斗の拳)
 丸目蔵人       ...: ダディ
 羽賀一心斎     .....: ガチャピン(ひらけ!ポンキッキ)
 大久保彦左衛門    : オプーナ
 松平伊豆守     .....: 夜神月(デスノート)
 大道寺平馬     .....: 烈海王(バキ)
 高尾畿内       ...: オプー子
 たま           : 西園寺世界(スクールデイズ)
 三右衛門       ...: 伊藤誠(スクールデイズ)

478 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 01:14:30.78 ID:cf8nfIM0
 てなとこで終了でアリマス。
本日もお付き合いありがとうございました>皆様

 最後までやるのも手かなー、と思ったのですが、
基本、このスレはあくまで「紹介」なので、今回はここまでということで。
この講談「柳生二蓋笠」は、又十郎こと宗冬の話になる時、たまに引用されるのですが、
あまり書籍に話が載る事もないし、メジャーな講談というわけでもなさそうなので、
結構知らない人が多いみたいなので砂。
というわけで、今回はコイツをチョイスと。

 ちなみに、元ネタはこちらでございます。

 【講談 「柳生二蓋笠」(五代目一龍斎貞丈)】
  http://www.nicovideo.jp/watch/1250225059

 ニコ動なので、人によっては好みがあるかもしれませんが、
今のところ、ここでしか見つけられなかった(というか当方も教えてもらった)ので、
続きが気になるお方は、是非こちらを聞いて頂ければ。
一龍斎師匠の軽妙な語り口は実に愉快でアリマス。
ああいう雰囲気はなかなかテキストじゃ再現しづらいです喃。

 あと、なんで十兵衛が失踪扱いなのとか、
丸目蔵人が宗矩の弟弟子でしかも上州在住ってなんぞやとか、
大久保彦左衛門が宗矩と義兄弟とかどこに論拠があるのかとか、
色々突っ込みどころもあるでしょうが、昔の講談というのはこういうもんだということで、
講談話の真偽の程度を知る一助として捉えていただければ重畳-。

 さて、次こそは「魔界転生」をやりたいところ。
あと、それとは別に、さっさと柳生スレの方も進めねばです喃。

 それではまたまたー。

487 名前:1 投稿日:2009/12/08(火) 22:14:48.04 ID:nSgBXbg0
 どもどもです。
むう、やっぱニコ動を見られない(というか聞けない)方がおられたようで申し訳なし。
つか、Youtubeに上がってたら一番良かったんですが。

 なので、ちょっと例外になりますけど、
そのうち暇な時にでも山場の部分(>>470以降)を作りましょうか喃。
まあ、出版物じゃないし、どこぞで決まった時期に
講演される類のものでもないようですし。

 とりあえず、時期にはあまり期待せずにお待ち頂けましたら重畳ー。

>>484
>勝手ながら、蔵人が但馬守より弱いとは思えない、と蔵人の弟子の流派の地元人としては思う

 その気持ちは自然なものですから、別段「勝手ながら」とは思わんですよ。
例えば、当方も隆慶作品の暗黒宗矩くんを愛でること山の如しを自負するところですが、
それと同時平行に、その評価や作劇手法については色々思うところもあるわけです。
史料を調べてると尚更に。

 「まあ、創作だから」と言ってしまえばそれまでなのですが…難儀でアリマス。


488 名前:1 投稿日:2009/12/08(火) 22:17:59.15 ID:nSgBXbg0
 ちなみに余談ですが、
「戦前だと十兵衛より宗冬の方が人気があった」という話があって、
それを聞いた時の当方の反応といえば、

      ∧∧
∧    < え >
  ヽ.   <  |  >
 ノ |   <  |  >
 ()|   <  |  >
u____つ / !!? >
[_____ U  ̄∨∨
  ノ
ヽr
  ヽ

⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
 ____,,,,,,,,,,,ノノ
彡 u. _,ィ      うそくせー
∩-‐●{     なーんかうそくせー!
.し  )rつ
    r=='
.l u. ||
.゙l  l!,=っ
  \. _,f
   \

 という塩梅だったのですが、
今回、ニコ動以外に「柳生二蓋笠」が上がってないかどうか調べてたところ、
戦前、「柳生二蓋笠」の映画の情報がワラワラと。

【大久保柳生二蓋笠(1921)】
 http://www.jmdb.ne.jp/1921/aw002350.htm
【柳生二蓋笠 (1928)】
 http://www.4ureyesonly.com/jfilminfo.asp?n=%E6%9F%B3%E7%94%9F%E4%BA%8C%E8%93%8B%E7%AC%A0?43;%281928%29
【柳生二蓋笠(1936)】 ※ あらすじに最後まで話が載っています
 http://www.matsudafilm.com/matsuda/c_pages/c_e_10j.html
【柳生二蓋笠(1938)】
 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=132794

 あと、映画じゃありませんが、戦中の歌舞伎の演目の一覧でこういうのを発見。

【近代歌舞伎年表京都篇別巻: 昭和18年~昭和22年補遺・索引 - ”柳生”】
 http://books.google.co.jp/books?id=v9rMgqQtGMQC&pg=RA1-PA373&lpg=RA1-PA373&dq=%8B%DF%91%E3%89%CC%95%91%8A%EA%94N%95\%8B%9E%93s%95%D1%95%CA%8A%AA%81@%96%F6%90%B6&source=bl&ots=CO5Vr80_os&sig=I-gO_DdY1UkD5BYJJocphUGXnMs&hl=ja&ei=RusbS7SkPJLs7AOjvpzPDw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1&ved=0CAoQ6AEwAA#v=onepage&q=&f=false

 結構な数、宗冬主役の演目(「柳生二蓋笠」「柳生又十郎」「二蓋笠柳生実記」など)が出てま砂。
この中で十兵衛メインっぽいのだと、浪曲で「柳生旅日記」があるくらいですか喃。

 いや、こういうのを見ると、
「戦前は十兵衛より宗冬の方が人気があった」というのは
もしかして本当だったのかしらん、と思ったり。
ふうむ。

index

柳生二蓋笠_index

2009-03-14やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4

やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4

| 21:23 | やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 のブックマークコメント

index

柳生二蓋笠_index

元スレ:やる夫で紹介する歴史伝奇


430 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:09:17.77 ID:cf8nfIM0
 :       |      |::| |:|\,,l| l{イエiエiエiエiエiエiト、}/!  |  |   | |:::::::l| ||::::::||   /
  =======l======|::| |:|  l| |{|ttttttttttttttttttt|}|三|  └─┴─┘|:::::::l| ||::::::|| /: .: .
        |      |::| |:|  l| |}|k====i====i====ll|{|三|           |:::::::l| ||::::::レ': .: .: .: .
 :      |      |::| |:|  l| |{|:<ニiニ><ニニ><ニニ>l|}|ェレ'ェェェェェェェェェェェェェ|:::::::l| ||/ : .: .: ., -'"
 :\     |      |::| |:|  l| |}|_|二Lll二l_l二ll二ニl|{|U/三===========:|:::::::lレ' : .: . , -'":: . : ..
 :   >  |     |::| |:|  l| |{| l絲||::::::::::::::::::::||絲l|}|/三/i r─────レ' : .: ., -'": .: .: ., -'
  /:::ト  |     |::| |:|  l| |}| |絲||り通央中||絲l|{|三/:::! |   ||   /: .: ., -'": .: ., -'": .: .: .
    ヽ |:======|::| |:|i、 l| |{| |二|| ::::::::::::::::: ||二l|}|ニ/ii|::! |   ||  / , -'" : ., -'": .: .: ._,,.-‐'
  : : ::..))     |::| |:|iiiヽl| ニニニニ二二二二二ニニニコiiii|::!├──‐/: . : ., -'": .: ._,,.-‐''": : : :
 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|劦ォ|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /    江戸も久しぶりだお…。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /    しかし、勘当の身では柳生屋敷に行けないし,
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l      …そうだ!
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘     駿河台の伯父上を頼るお!
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして、七年ぶりの江戸に着いた又十郎であったが、
勘当が解けていない身では、柳生屋敷には行けぬと、
駿河台に住む伯父のところへ詫び入れを頼みに向かうのであった。

433 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:11:06.06 ID:cf8nfIM0

 その伯父こそは、ご存知”天下の御意見番”大久保彦左衛門──!

        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \    よくぞこのスレを開いてくれた。
    /   ⌒   ⌒   \  褒美としてこの御意見をくれてやろう!
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  /  御意見  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄御意見 ./|  ̄|__」/__ /御意見  ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 . /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見  /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     大久保彦左衛門

436 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:13:19.94 ID:cf8nfIM0
                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 大 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 久 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 保 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   ああ、ここだ、ここだお。
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /  頼もう!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして又十郎は大久保家を訪れ、彦左衛門への取次ぎを願った。

438 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:15:25.00 ID:cf8nfIM0
           _ ,-‐、
         /   \ )
          | 。    | ̄ ̄ ̄ \
         \.0 /         \
            /.  ̄           ヽ    ああ、はいはい…って、
        /  ノ     `ヽ    |   なんだい、君?
        |    ●    ●      |   残りものなら勝手口に廻って貰ってきなよ。
         ヽ ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃    /
         \_ /⌒l        /
          l/  /三三三三三l.
         / |   l   ___ ヽ.
            高尾畿内

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ
        /        \ ヽ.
       /  ∀  /      ヽ /l    畿内!久しぶりだお!
   /  l .-、__.ィ---、     レ |   
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 しかし、出てきた用人の高尾畿内、変わり果てた姿の又十郎にそうと気づかず、
これを追い払おうとする。


439 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:17:37.83 ID:cf8nfIM0
            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \
.     /              ヽ    コラッ!
    /  \      /    |   ボクは君みたいな汚い男に知り合いはないよ!
    |    ●    ●      |   なんだい馴れ馴れしく!
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    |::::::|      /⌒i
 \ /:::::/;l三三l;;;;;;l三三三l/  ./
.   /:::::/ |_  `ー__  ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |   | ヾ:::彡'

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   これでもまだわかんないかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   ほれ、柳生家の三男、又十郎だお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


440 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:19:13.32 ID:cf8nfIM0
         _
       /O \
         | °  .|
       \,_/
         |
      /  ̄ ̄ ̄ ̄ \    l_
    /             \   /
   /     ノ      ヽ ヽ  >     ええっ…!?
   |    u  ●    ●   ',  \   あ…で、でも、確かにこの声は柳生の若様?
   |     ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |
   ヽ        {_ノ    /       どうしてまたそんな汚いお姿に?
    \        l⌒'、 _/
     .l三三三三三 '、  '、l
     / ___   l   | ',

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     いや、面目次第もないお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     ともあれ畿内、伯父上に取次ぎを頼むお。
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l     お目通り願いたいお。
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--   「はっ、只今。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       …でもその格好じゃ座敷はちょっと。
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |       .お庭でご勘弁くださいね」
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 話して見せてようやく畿内にも納得のいったようで、
又十郎、座敷は流石に無理にせよ、庭先にて彦左衛門に目通りできることになった。


441 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:21:04.75 ID:cf8nfIM0
              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ    …というわけで、又十郎様を庭先にお通ししたのですが、
.  /   =           |   その、ちょっと一目見てわからないくらい変わっておられるので、
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   驚かないでくださいね?
  ヽ {_ノ           /
   \            /
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\     お前は何を言っておるのだ!
    /    <●>::::::<●> \   自分の甥がわからぬ伯父などおるわけなかろう!
     |       (__人__)   |   というか、主人の甥を庭先に通すなど無礼じゃぞ!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  …さて、どれどれ…?
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

 畿内、彦左衛門に訳を話した後、
まずは一見と、彦左衛門、屋敷の窓から庭先をひょいと眺めた。


442 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:22:19.26 ID:cf8nfIM0
                                   ,. ‐-、
                    ト、 ,.-±-、 .ノ|       /   : ヽ
                   rゝ,ヽrVyュノ ノ  ノ7   ノ   :  `.  (暇だお…)
                    |Y| ト、l^l_, イ  /7    |    : ,-, ',
                _,.-ッ-'y-yテテ‐‐Xー'‐'--、.._ ||    : | | |
              ,.-'''   7rニニiiニニニY∠7__||   _:_|  |_|
             く--ー=|∠.○||◯...ヽ,ノ|  _...イ|| ̄ ̄ :   |
             __ `''ーr-、,|L(`ヽ|レ'' )....l | ̄::〔 `'y|:|   :    |
            / /\ ノ  八i=〒'||''〒=ii ハ⌒「`'>'|::|--―'''i ̄ ̄||
           / /\ Y~~l}_/`トー-r--―'^i"´l~  |i^|:::|:   |   ||
          /フ`' ,  /7"|{ス 〕Tへ.,ニニ.ヘ|_〔, -、 ヽ|::::|:   |     ||
         //  /ヽ/_/ /|___`i|^''r''^|i'"  _,||´', '.  |::::|::   |    ||
         //~l .//>'X_..ノ λ|| || ¶ .|| ̄|| λ | .|  |:::|::;, |    ∥
       //‐'´ /,.へ,<く  ||。ゝ.,,|___|__,||  |レ。|;;'., l |   |:::|::;; |    |
       //   //  /`>/  || |  |   | `''´', || ' ト''   |:::|::;ノ|    |
     //   //ヽ.//`′ ||,ヘ |   |    レ'ttヽ |    |::::|  |   |
    ∧  /7 //~     y7 '.,レ、._λ    {-||‐‐'〉    |::::|  ヽ.  |
   「 7ヽ./ / //       //ー‐X..__}     λ|| ∧    ':;::':,  ヽ.|
 .  l/ / / />   .    |:|  ノ~iョ ||     ト、|レ', ',    ヽ;::ゝ..,_ |
    レ / / /'′       ノT´  | X_.|     | |   V''、    ゝ:;;;;_ノ
   トy〈/,/        / 7  ,.イ __....l     ト.|]  | ∧
   |//         / |∠ -‐'i   |     | |-‐‐t ハ
   '´          ノ ̄|   λ .|     |ノ|   V |
             7―メ、   ノ;;}  |     | .l__',ノ|
             //7/ >y'|-―フ   ,,,,,,,,,Y∧ |r-,| | |:::;;;;,,
              //// / / | /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|_...',|| || |イ;;;''"
           / ̄7ーv'⌒l~~ |_,/:;;''""     ヽ, ', ̄ ̄'|"
           ー‐'‐‐''′   ̄           `'ー-- ┘
                庭先に佇む又十郎の図


443 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:24:12.67 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\      畿内…なんじゃあれは?
    /      u <●>:::::::\   あんな汚らしい山男が何故当家の庭におる?
    |         (__人__)|   それに又十郎はどこじゃ?
     \    u   .` ⌒/
     /           |

              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ  
.  /   =           |    いやその…あれが又十郎様なんです。
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   ハイ。
  ヽ {_ノ           /
   \            / 
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ


      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \     なん…だと…!?
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \


444 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:26:30.50 ID:cf8nfIM0
     |┃三        / ̄\
     |┃           |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__
     |┃  ノ//   ./:::\:::/:::\      又十郎!
     |┃三    / <●>::::::<●> \   これ、又!
     |┃    /   (__人__)  u  \  どうしたというのじゃ!
     |┃     |       l;;;;;;;l        |
     |┃三   \      l;;;;;;;l     /
     |┃三   / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     伯父上!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     お変わりなくご壮健で何よりですお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘     「うむ、お前も変わらぬようで…といいたいが、
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--    随分と変わってしまったようじゃの。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       一体どうしたというのじゃ?」
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |    
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 慌てて庭先に飛び出した彦左衛門。
近付いて話せばこれは確かに甥の又十郎。
そのあまりの変わりようにビックリ。


445 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:28:06.91 ID:cf8nfIM0
           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \    まあ、しかし、あの生っちろくて柔弱なお前が、
      /  .<●>::::::<●>  \  立派な姿になりおったな…。
      |    (__人__)     |   ただ、それはそれとして、この親不孝者め!
      \    ` ⌒´    /   今、但馬の奴がいくつか憶えておるか?
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \      
      /  ::\:::::::/::\     あの歳で毎日の将軍の御手直し…
    /    <●>::::::<●> \   彦左衛門も気の毒でならぬわ!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/    詫び入れをしてやるのは吝かではないが、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ それなりの手土産というものが要るであろう。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   又!それはどうなのじゃ!
     |            `l ̄
.      |          |

 事情を聞いた彦左衛門、詫び入れをするに際し、
それなりに得たものはないのかと又十郎を問い質す。


446 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:29:16.97 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /   実は日光華厳の滝に打たれて、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  天狗魔人より剣の奥義を授かってきましたお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

         / ̄\
         .|    |
          \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\  ,
      /  - -  \ -
     /  <●> <●>  \     ほほう、天狗魔人より剣の奥義とな…。
     |    (__人__)    |    なら、それをこの場で見せることは出来るか…?
     \     `⌒´    /
    /,,― -ー  、 , -‐ 、  
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|


447 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:30:26.19 ID:cf8nfIM0
      / ̄\
     |     |
      \_/
        |       …ハアッ!
    /  ̄ ̄ ̄ \
   /   ::\::  ノ\              /)       ........._
  /   < ●>::::::<●>|           r//つ    /'´::::::::::::::::ヽ
  /     ` (__人__)  |         //ハ     /0:::::::::::::::::::::::',
  {      |r┬-/ ' |        / /ソ /  =  {o::::::::::::::::::::::::::::}
   \    ` ⌒´ /r┬───'   ヽLL,      ':,::::::::::::::::::::::::::/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ヽ____.. -‐'´ ̄  =   ヽ、__;;;;::/

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ  て
        /        \ ヽ.  そ
       /  ∀  /      ヽ /l
   /  l .-、__.ィ---、     レ |     効きませんお!!(ヒラリッ
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 その言葉も終わらぬ瞬間、彦左衛門、抜き打ちに切りかかったが、
又十郎、ひらりとこれをかわして…


448 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:31:48.97 ID:cf8nfIM0

 彦左衛門の腕をひょいっと掴むが、
彦左衛門にとっては”ひょい”とどころの騒ぎではない剛力、たまらず悲鳴が口を出る。

      / ̄\
      |     |
      \___/
      ノ ̄`ヽ、  ムンズッ
    / ´`ヽ _ \
   ヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
   }  ...|  /!
   }`ー‐し'ゝL
   :ヘr--‐‐'´}    ;ー----
   ヾ--‐'ーr‐'"-´
        人
      / (\
     / ノ    \
   /    :::<◎>\    ギャアアアアアッ!?
  /  <◎>:::::: u   \  や、やめよ又!
  | /// (__人__) /// |  ボンボンを…ボンボンを離せええええええっっ!!
  \   `|!!il|!|!l|   /
  /  ̄ ̄ |ェェェェ| ̄ ̄ \


449 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:33:13.07 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   伯父上、ご納得頂けましたかお?
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /  
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \   う、うむ…ちょ、ちょうどよい力加減であったな…!
  (  く  ./< ◎>:::::<◎>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /


450 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:34:50.94 ID:cf8nfIM0

 かくして見せた又十郎の腕前に、流石の大久保彦左衛門も納得。

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\
   /  \ /  \     …いや、あっぱれあっぱれ!
  /   ⌒   ⌒  \   これなら親父にも負けぬ腕前。
  |    (__人__)    |    十分詫びの手土産になろう。
  \    `⌒´    / 
  /,,― -ー  、 , -‐ 、   
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|


       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /   ノ::::::::::\\    …だが待てよ。
  /    <●>:::::<●> \   このままお前を連れて
  |       (__人__)   |   「又十郎が戻った」と申せば…
  /     ∩ノ ⊃  /   
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /


451 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:36:20.21 ID:cf8nfIM0

                やっと帰ってきたんじゃねえか。
     |ヽ      ノ|  喜んで迎えてやるだろ、親の情的に考えて…。
     |  / ̄ ̄\│
     |/   _ノ  \                ⊂ニニ⊃
      |    ≪①><①>                   ノ L
      |     (__人__)              / ̄ ̄⌒
     |     ` ⌒´ノ              / \  / \
       |         }               | (● )(● ) |   勘当までしておいて、
      ヽ        }             |  (__人__)   |  ハイそうですかと迎えられるわけないだろ!
        ヽ      ノ             │  `|iiiii|´   }  お家の面目的に考えて…!
       /  ー‐  ⌒ヽ               |   |iiiii|    |
     /             \           │  `ー'   |
   :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''         \      ノ
    ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;;   γ⌒⌒/    ー  \⌒⌒ヽ
     ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::        (_ノノ/       ヽ !l ヽしし_)
       :::::::::::;;:: ::::::::         (   丶- 、    しE |
         ::::::;;;::::::::;;;;        `ー、_ノ   ∑ l、E ノ (
           :::::: :::::::         ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;   ⌒
             :::::::::           :::::;;; ::::::::::::::: :::;
                / ̄ ̄\   :::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
              / ─  ─ \ :::;
              |  <○><○> |
              |  (__人__)  |
                  |   ` ⌒´  }
                 |        |
                ヽ       │
                ヽ     ノ
          (柳生但馬守の心中想像図)

 「…あの意地張りのことじゃ。
  心の中では嬉しかろうに、家臣にも”あんな不孝者はもう要らぬ”と
  言っておる手前、会わぬと言い張るに違いない」


452 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:37:27.44 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         _|__
       /     \キリッ
      /  :::\ ,::::, /:\. .    そこでじゃ!
    /    <●>::::::<●> \.   又!お前はその格好のまま、
     |       (__人__)   |.   南部の恐山よりやってきた山男となるがいい!
      \      ` ⌒ ´  ,/.   
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   お、恐山からの山男…ですかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   / 
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 このまま連れて行っても、
但馬守が意地を張って会わぬというやもしれぬと懸念した彦左衛門、ここで一計を案じる。


453 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:39:01.99 ID:cf8nfIM0
            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \      そうじゃ。
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \    そして口を開いてはならぬぞ、
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \   声を聞けば、流石にばれるからの。
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     | 
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


         / ̄\
        |     |
         \_/     なぁに、あとは万事この彦左の胸にある。
         _|__   任しておけ、任しておけ!
        / \ /\
 ミ ミ ミ /  ⌒  ⌒ \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (-)r‐i (-) `ヽ   l レ' /  (…流石にちょっと不安になってきたお…)
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__
  -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |


454 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:40:26.65 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\    そうと決まれば善は急げじゃ!
    /     (__人__)   \.  畿内!ワゴン引けい!!
     |       ` ⌒ ´     |
      \            ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

          _
         /O \
          | °  |
         \_/
           |
.         /  ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /             \
.    /               ヽ   はい、只今!
.     |              ',
.     |      ⌒     ⌒    |
  i⌒ヽ   ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /
  ヽ  ヽ.      {_.ノ    /_,/⌒)
    ∧__,ヘl三三三三三三三;i'´::::ヽ/
   ヾ_:::ッリ ___     _|::::::::ハ
    i     |    |    |  | >'''


455 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:42:26.02 ID:cf8nfIM0
 かくしてワゴン…ではなく馬が引き出され、
ひらりひらりと乗り込んだ二人は、一路柳生屋敷へ─!

    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    | ワ      ゴ      ン   R |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎

,.,,,_
′-,,゛''‐-,,,_
  \,:'ク-二'''―,,,_
 -=三\,゚'ヽ,.゛゙'‐-,,_゙'''‐-,,,
     ゛ヽ_\_:::::::゛''''‐r,_゛'-,,_
       ゛'r,:゛,r,,,,,,,、=''゛::::_,_:゛'‐-,,_
       ″i│;;^゛'‐--z::| ゜゛'‐r,::"゛'-,,,
       、i'゙::,l゙;;;;;;; ,.、i'‐゙,r';;;;;;;;;;;l゙ ,.,i・'ヽ,゙゛'-,,,          、-=-,
  .-=三_,,,r'`::::::(,,,,,,,-'’:、i''゙;;;;;;;;;;;;;;;゙l::| ;;;;;″ヽ::´゛'-,,,    -=三/~ ̄\
  ,.,,-ー''´:: ,.,,,+'''‐r,,,、r.:::{,,,、-―,,,,/:],,v--―''゙::::::::,,,,,,二,--,,,, ,゙iュ,=∀=.r,r'
  `i,,,:::::::」゙~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;″ィ:::::,-----,,,,,-r,:、i――┬:│;;;;;;;;"广!、ゝ二l口二,r'
 ゛'‐-ニ二二゙゙゙゛'''‐'‐゙::L゙;;;;;;;;;;;;; ,.,,r゚:,l゙::::::::: ,.l゙::::l゙;;;;;; ,.,vー`::、i'’(p):〈`田〕
        ′”''''―-,,::゛r,;;;;;;;;;;、i'´:,,,r`:::::::: ,.l゙:、i'゚_-'~,,,,,,:::、i゚〈`゙iゝ,r'
         -=三ュ''´:::::::ト,,,-'’::、i'゚::::::::::::_,,r':::ごニッ:、i'゙::,l゙::.l゙  (_ゝッ
          ″ ̄!,:::::::::::::::コ,、ー'''゙゙ごi::::┌゚. ,r',r'::、i゚:/
      ゴーッ!!   ´|:::::、i'゙゛'・ー―巛'゙,,、ベ ,l゙::l゙::::(::l゙
             │:_l゙_v-冖二ー'''゙´  _/:::〕:::::| :゙l
           -=三|::::二-ー''~   _ー''`::,r,:゙L:,r' ,.|
             ,l゙''''´     ,.,r'~,,=―,_::7,,_| ~::::::゙l
             ´     ,./.::::テ!,ニニ,riiiy,“' ,.,,,,,,,l゙
                ,./,,r'イ、i'~.   ^゛'''-、i`
               ,.-'゙:J,,,,vl゙ヘ
          -=三 ,.,,,!,ミ-――'`
          、iヘ'゚´

index

柳生二蓋笠_index