Hatena::Grouparayamatooru

大武仏

2009-03-14やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4

やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4

| 21:23 | やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 を含むブックマーク はてなブックマーク - やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」-4 - 大武仏 のブックマークコメント

index

柳生二蓋笠_index

元スレ:やる夫で紹介する歴史伝奇


430 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:09:17.77 ID:cf8nfIM0
 :       |      |::| |:|\,,l| l{イエiエiエiエiエiエiト、}/!  |  |   | |:::::::l| ||::::::||   /
  =======l======|::| |:|  l| |{|ttttttttttttttttttt|}|三|  └─┴─┘|:::::::l| ||::::::|| /: .: .
        |      |::| |:|  l| |}|k====i====i====ll|{|三|           |:::::::l| ||::::::レ': .: .: .: .
 :      |      |::| |:|  l| |{|:<ニiニ><ニニ><ニニ>l|}|ェレ'ェェェェェェェェェェェェェ|:::::::l| ||/ : .: .: ., -'"
 :\     |      |::| |:|  l| |}|_|二Lll二l_l二ll二ニl|{|U/三===========:|:::::::lレ' : .: . , -'":: . : ..
 :   >  |     |::| |:|  l| |{| l絲||::::::::::::::::::::||絲l|}|/三/i r─────レ' : .: ., -'": .: .: ., -'
  /:::ト  |     |::| |:|  l| |}| |絲||り通央中||絲l|{|三/:::! |   ||   /: .: ., -'": .: ., -'": .: .: .
    ヽ |:======|::| |:|i、 l| |{| |二|| ::::::::::::::::: ||二l|}|ニ/ii|::! |   ||  / , -'" : ., -'": .: .: ._,,.-‐'
  : : ::..))     |::| |:|iiiヽl| ニニニニ二二二二二ニニニコiiii|::!├──‐/: . : ., -'": .: ._,,.-‐''": : : :
 : : :::ノノ-------|::| |:|/////|::|ニl|i|____ri    l|國|::| iiiiiiレ'i ̄ ̄ ̄ |, -'": ._,,.-‐''" |: : : : : : : :
 `゙''ー-、,_i      |::| |:|/////|::|=ii|i|{ニ}    r-|料|::| /  !   ィ==二二二二| i:::|__,,.. -‐ '
 : .: .: .: .: .}ニニニニ:Li::: |ト、///|::|i__:|i|ェェェi   ゙ |理|::|},/|_|___/.._ヽ_ヽ_ヽ_ヽ_ヽ| |:::|: : : : : : : :
 ------ '二二二コ:::::|:i|゙'ー、,|::|iii :|i|(;)_(;)_(;)_(;)└ii|::|':::::::::!ニ二二二二二| l二| |:::|: : : : : : : :
  , --ー -、=i=i=i|:::::::|:i| \ii|::|iii-|i|劦ォ|i: : : i|レ毳i|::| Eコ|l r----------i | |--| |:::|l=======
 / ,r    、 i.fififi|:::、,,,,,|iiiii |::|r-、,,, ィュ,-、,-、,-、,-、,:| l:i:i:i| l,-、王王王王|,イ;;;ヽii| |:::|l=======
::t,i,.-、_,=、l l rェェ、〈イ;;} Eユ r'ニミ  rー、 ぐリ r.^.i ,,,,,,, r'^;;)ハ} {゚_゚リ  r'、"`oノii| |:::|l=======
: :::i`~'!.`~´`リ' {-r リ イ/ }/ じノ--'ト、rー-'ヽ rノ}ハ-'ト、(-゚リ 〉-' ヒ'ヽ/Vヽ /  ヾ'   __ ‐-  .
::  ! fニフ.,イ' 冫^<}ヽ ┤L」l    }+i+i+lノ|__|ェoloノ 〉〉}| Lヒァ |ノ : ノ{ {⌒ヽト、/   ノ ''‐- 、
 _r'=、,.='-‐i__l  V/,イ ///|| Y   i'++i++|/∧{ Yノ∠/::||∧ |  | | : | | \__二二ソ)"rー-、
7゙l,.>‐`ーニフ ヾ`ー- 、ヽゝ   |    l----i'  ハヽ 〉 L::ノ|Eヨ |--' ケイ| |----|..==| |:::| {ヽ,;;;;} `
/  i i' 、 ─' .:.:.:.:.::ヽ . .: : ::トー-''|:::::::::〈   ゙' }_}  |::| |_____| lノ〈〈| | |::ヽ:::::|  | |:::| 〉ー {、

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /    江戸も久しぶりだお…。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /    しかし、勘当の身では柳生屋敷に行けないし,
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l      …そうだ!
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘     駿河台の伯父上を頼るお!
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして、七年ぶりの江戸に着いた又十郎であったが、
勘当が解けていない身では、柳生屋敷には行けぬと、
駿河台に住む伯父のところへ詫び入れを頼みに向かうのであった。

433 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:11:06.06 ID:cf8nfIM0

 その伯父こそは、ご存知”天下の御意見番”大久保彦左衛門──!

        / ̄\
          |    |
        \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \    よくぞこのスレを開いてくれた。
    /   ⌒   ⌒   \  褒美としてこの御意見をくれてやろう!
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ .\─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ____
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/|--'  /  御意見  /|
   .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ______
/ ̄御意見 ./|  ̄|__」/__ /御意見  ./||__,」_____    ./|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見 . /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ 御意見  /|  /  |
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/|/
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
     大久保彦左衛門

436 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:13:19.94 ID:cf8nfIM0
                    (二二二ニ/二二ニ/二|二二ヽ二ヽ二ニニ)
                    //_/__//_/__//_/| |ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
                   //_/__//_/__//_/__| |_ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽ
   二二二ニ/二二ニ/二二二//_/__//_/__//_/_| |__ヽ_ヽヽ__ヽヽ_ヽヽヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ二二ヽ
   //_/__//_/__//_/__///_/_//_/__//_/_ | |___ヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//○====○====○======.○=====○===○===○===○ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
  //_/__//_/__//_/__//_|   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|__|_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ_ヽヽ
 ○====○====○====○===.|   |││││││││││││││││||  .||===○===○===○===○===○
                  |   |││││││││││││││││|| 大 ||
                  |   |┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴|| 久 ||
                  |   |┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬|| 保 ||
  ___________|   |││││││││││││││││||   ||____________
  \/\/\/\/\/\|   |││││││││││││││││||   ||\/\/\/\/\/\/
  /\/\/\/\/\/|   |││││││││││││││││| ̄ ̄|/\/\/\/\/\/\
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``````````````````````````````` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  ∀  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   ああ、ここだ、ここだお。
     li   l r'´rー`r‐i´ r‐‐、`ヽ   l レ' /  頼もう!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '  /
     ヽ`'┴ー--「 ̄|l-‐‐ ''"´   ,ィ l
      ヽ、_  |__.||     _,,.. イ /┘
        >二j^ーヘiニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 かくして又十郎は大久保家を訪れ、彦左衛門への取次ぎを願った。

438 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:15:25.00 ID:cf8nfIM0
           _ ,-‐、
         /   \ )
          | 。    | ̄ ̄ ̄ \
         \.0 /         \
            /.  ̄           ヽ    ああ、はいはい…って、
        /  ノ     `ヽ    |   なんだい、君?
        |    ●    ●      |   残りものなら勝手口に廻って貰ってきなよ。
         ヽ ⊂⊃、_,、_, ⊂⊃    /
         \_ /⌒l        /
          l/  /三三三三三l.
         / |   l   ___ ヽ.
            高尾畿内

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ
        /        \ ヽ.
       /  ∀  /      ヽ /l    畿内!久しぶりだお!
   /  l .-、__.ィ---、     レ |   
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 しかし、出てきた用人の高尾畿内、変わり果てた姿の又十郎にそうと気づかず、
これを追い払おうとする。


439 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:17:37.83 ID:cf8nfIM0
            _
          /O \
           |. °  |
          \_,/
            |
        / ̄ ̄ ̄ ̄ \
      /            \
.     /              ヽ    コラッ!
    /  \      /    |   ボクは君みたいな汚い男に知り合いはないよ!
    |    ●    ●      |   なんだい馴れ馴れしく!
    ヽ ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃   /
 /⌒ヽ_\    |::::::|      /⌒i
 \ /:::::/;l三三l;;;;;;l三三三l/  ./
.   /:::::/ |_  `ー__  ヘ、__/
.  `ヽ< |  |    |   | ヾ:::彡'

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   これでもまだわかんないかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /   ほれ、柳生家の三男、又十郎だお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


440 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:19:13.32 ID:cf8nfIM0
         _
       /O \
         | °  .|
       \,_/
         |
      /  ̄ ̄ ̄ ̄ \    l_
    /             \   /
   /     ノ      ヽ ヽ  >     ええっ…!?
   |    u  ●    ●   ',  \   あ…で、でも、確かにこの声は柳生の若様?
   |     ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ |
   ヽ        {_ノ    /       どうしてまたそんな汚いお姿に?
    \        l⌒'、 _/
     .l三三三三三 '、  '、l
     / ___   l   | ',

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     いや、面目次第もないお。
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     ともあれ畿内、伯父上に取次ぎを頼むお。
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l     お目通り願いたいお。
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘ 
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--   「はっ、只今。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       …でもその格好じゃ座敷はちょっと。
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |       .お庭でご勘弁くださいね」
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 話して見せてようやく畿内にも納得のいったようで、
又十郎、座敷は流石に無理にせよ、庭先にて彦左衛門に目通りできることになった。


441 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:21:04.75 ID:cf8nfIM0
              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ    …というわけで、又十郎様を庭先にお通ししたのですが、
.  /   =           |   その、ちょっと一目見てわからないくらい変わっておられるので、
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   驚かないでくださいね?
  ヽ {_ノ           /
   \            /
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \
      /  ::\:::::::/::\     お前は何を言っておるのだ!
    /    <●>::::::<●> \   自分の甥がわからぬ伯父などおるわけなかろう!
     |       (__人__)   |   というか、主人の甥を庭先に通すなど無礼じゃぞ!
      \      ` ⌒ ´  ,/
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ  …さて、どれどれ…?
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

 畿内、彦左衛門に訳を話した後、
まずは一見と、彦左衛門、屋敷の窓から庭先をひょいと眺めた。


442 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:22:19.26 ID:cf8nfIM0
                                   ,. ‐-、
                    ト、 ,.-±-、 .ノ|       /   : ヽ
                   rゝ,ヽrVyュノ ノ  ノ7   ノ   :  `.  (暇だお…)
                    |Y| ト、l^l_, イ  /7    |    : ,-, ',
                _,.-ッ-'y-yテテ‐‐Xー'‐'--、.._ ||    : | | |
              ,.-'''   7rニニiiニニニY∠7__||   _:_|  |_|
             く--ー=|∠.○||◯...ヽ,ノ|  _...イ|| ̄ ̄ :   |
             __ `''ーr-、,|L(`ヽ|レ'' )....l | ̄::〔 `'y|:|   :    |
            / /\ ノ  八i=〒'||''〒=ii ハ⌒「`'>'|::|--―'''i ̄ ̄||
           / /\ Y~~l}_/`トー-r--―'^i"´l~  |i^|:::|:   |   ||
          /フ`' ,  /7"|{ス 〕Tへ.,ニニ.ヘ|_〔, -、 ヽ|::::|:   |     ||
         //  /ヽ/_/ /|___`i|^''r''^|i'"  _,||´', '.  |::::|::   |    ||
         //~l .//>'X_..ノ λ|| || ¶ .|| ̄|| λ | .|  |:::|::;, |    ∥
       //‐'´ /,.へ,<く  ||。ゝ.,,|___|__,||  |レ。|;;'., l |   |:::|::;; |    |
       //   //  /`>/  || |  |   | `''´', || ' ト''   |:::|::;ノ|    |
     //   //ヽ.//`′ ||,ヘ |   |    レ'ttヽ |    |::::|  |   |
    ∧  /7 //~     y7 '.,レ、._λ    {-||‐‐'〉    |::::|  ヽ.  |
   「 7ヽ./ / //       //ー‐X..__}     λ|| ∧    ':;::':,  ヽ.|
 .  l/ / / />   .    |:|  ノ~iョ ||     ト、|レ', ',    ヽ;::ゝ..,_ |
    レ / / /'′       ノT´  | X_.|     | |   V''、    ゝ:;;;;_ノ
   トy〈/,/        / 7  ,.イ __....l     ト.|]  | ∧
   |//         / |∠ -‐'i   |     | |-‐‐t ハ
   '´          ノ ̄|   λ .|     |ノ|   V |
             7―メ、   ノ;;}  |     | .l__',ノ|
             //7/ >y'|-―フ   ,,,,,,,,,Y∧ |r-,| | |:::;;;;,,
              //// / / | /::::::::;;;;;;;;;;;;;;;|_...',|| || |イ;;;''"
           / ̄7ーv'⌒l~~ |_,/:;;''""     ヽ, ', ̄ ̄'|"
           ー‐'‐‐''′   ̄           `'ー-- ┘
                庭先に佇む又十郎の図


443 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:24:12.67 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
        |     |
         \_/
           |
       / ̄ ̄ ̄ \
      /  u   ノ  .\      畿内…なんじゃあれは?
    /      u <●>:::::::\   あんな汚らしい山男が何故当家の庭におる?
    |         (__人__)|   それに又十郎はどこじゃ?
     \    u   .` ⌒/
     /           |

              _
             /O \
              |. °  |
             \_,/
             /
.     / ̄ ̄ ̄ ̄ \
.   /             \
   /   \        ヽ  
.  /   =           |    いやその…あれが又十郎様なんです。
  | 、_,、_, ⊂⊃ u      |   ハイ。
  ヽ {_ノ           /
   \            / 
  (`ヽ l三三三三三三三l
  ヽ、/     ___ ヽ


      __|\/|__ パーン
      \      /
      <<      >>
      /      \
       ̄\/|\/ ̄
       / ̄ ̄ ̄\  
      /::- :::: -:: \     なん…だと…!?
    /  <○>::::::<○>  \ 
    |    (__人__)     |
     \    `⌒´    /
    ノ           \


444 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:26:30.50 ID:cf8nfIM0
     |┃三        / ̄\
     |┃           |     |
     |┃         \_/
 ガラッ. |┃         __|__
     |┃  ノ//   ./:::\:::/:::\      又十郎!
     |┃三    / <●>::::::<●> \   これ、又!
     |┃    /   (__人__)  u  \  どうしたというのじゃ!
     |┃     |       l;;;;;;;l        |
     |┃三   \      l;;;;;;;l     /
     |┃三   / ̄ ̄ヽ`ー'ノ ̄ ̄ ̄\

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /     伯父上!
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /     お変わりなくご壮健で何よりですお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l    
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘     「うむ、お前も変わらぬようで…といいたいが、
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--    随分と変わってしまったようじゃの。
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |       一体どうしたというのじゃ?」
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |    
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 慌てて庭先に飛び出した彦左衛門。
近付いて話せばこれは確かに甥の又十郎。
そのあまりの変わりようにビックリ。


445 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:28:06.91 ID:cf8nfIM0
           / ̄\
             |    |
           \_/
             |
         /  ̄  ̄ \
        /  ::\:::/::  \    まあ、しかし、あの生っちろくて柔弱なお前が、
      /  .<●>::::::<●>  \  立派な姿になりおったな…。
      |    (__人__)     |   ただ、それはそれとして、この親不孝者め!
      \    ` ⌒´    /   今、但馬の奴がいくつか憶えておるか?
       /,,― -ー  、 , -‐ 、
      (   , -‐ '"      )
       `;ー" ` ー-ー -ー'
       l           l

         / ̄\
        |     |
          \_/
         _|___
       /     \      
      /  ::\:::::::/::\     あの歳で毎日の将軍の御手直し…
    /    <●>::::::<●> \   彦左衛門も気の毒でならぬわ!
     |       (__人__)   |   
      \      ` ⌒ ´  ,/    詫び入れをしてやるのは吝かではないが、
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ それなりの手土産というものが要るであろう。
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃   又!それはどうなのじゃ!
     |            `l ̄
.      |          |

 事情を聞いた彦左衛門、詫び入れをするに際し、
それなりに得たものはないのかと又十郎を問い質す。


446 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:29:16.97 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /   実は日光華厳の滝に打たれて、
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  天狗魔人より剣の奥義を授かってきましたお!
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

         / ̄\
         .|    |
          \_/
           |
        / ̄ ̄ ̄\  ,
      /  - -  \ -
     /  <●> <●>  \     ほほう、天狗魔人より剣の奥義とな…。
     |    (__人__)    |    なら、それをこの場で見せることは出来るか…?
     \     `⌒´    /
    /,,― -ー  、 , -‐ 、  
    (   , -‐ '"      )
     `;ー" ` ー-ー -ー'|


447 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:30:26.19 ID:cf8nfIM0
      / ̄\
     |     |
      \_/
        |       …ハアッ!
    /  ̄ ̄ ̄ \
   /   ::\::  ノ\              /)       ........._
  /   < ●>::::::<●>|           r//つ    /'´::::::::::::::::ヽ
  /     ` (__人__)  |         //ハ     /0:::::::::::::::::::::::',
  {      |r┬-/ ' |        / /ソ /  =  {o::::::::::::::::::::::::::::}
   \    ` ⌒´ /r┬───'   ヽLL,      ':,::::::::::::::::::::::::::/
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \\ヽ____.. -‐'´ ̄  =   ヽ、__;;;;::/

             ┌┐、
            _____`ヽ ヽ
          . -└┘-`、l  ヽ  て
        /        \ ヽ.  そ
       /  ∀  /      ヽ /l
   /  l .-、__.ィ---、     レ |     効きませんお!!(ヒラリッ
   l.  l K)l_l-く> ゝ  . ´./|
   |ゝ、_|└/\―--_'.  ´ /|ヽ_|  _____
   ヽ ` ̄| ̄| ̄ ̄   /7/ ̄ /__ ̄`\\
    `' 、_.|_|______./___//  /∠        \\
   __/「l__`ノニニニ/ ̄l ̄\_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ヽ
  / (/) ̄/// ̄(/)'\ ̄ ̄ ̄/ | ̄ ̄      // ̄ヽ
 '/\/  ///  /__/\   |  \        //
 l_/( ̄ヽ///  / ̄ ̄ヽl\  |________//

 その言葉も終わらぬ瞬間、彦左衛門、抜き打ちに切りかかったが、
又十郎、ひらりとこれをかわして…


448 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:31:48.97 ID:cf8nfIM0

 彦左衛門の腕をひょいっと掴むが、
彦左衛門にとっては”ひょい”とどころの騒ぎではない剛力、たまらず悲鳴が口を出る。

      / ̄\
      |     |
      \___/
      ノ ̄`ヽ、  ムンズッ
    / ´`ヽ _ \
   ヽ--/ ̄ ,    ` ̄ ̄ ̄
   }  ...|  /!
   }`ー‐し'ゝL
   :ヘr--‐‐'´}    ;ー----
   ヾ--‐'ーr‐'"-´
        人
      / (\
     / ノ    \
   /    :::<◎>\    ギャアアアアアッ!?
  /  <◎>:::::: u   \  や、やめよ又!
  | /// (__人__) /// |  ボンボンを…ボンボンを離せええええええっっ!!
  \   `|!!il|!|!l|   /
  /  ̄ ̄ |ェェェェ| ̄ ̄ \


449 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:33:13.07 ID:cf8nfIM0
             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___    l i  ノ l   伯父上、ご納得頂けましたかお?
     li   l r' (⌒)r‐i (⌒) `ヽ   l レ' /  
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈


          / ̄\
          |     |
     /≡)  \_/ /ミ ヽ
  . /_ノ  ___|___ ヽ_ \
  / /   /::\::::::/::\  \ \   う、うむ…ちょ、ちょうどよい力加減であったな…!
  (  く  ./< ◎>:::::<◎>u\  .> )
  \  / u  (__人__).    \'./
    ヽ|      `⌒´  u   |/
      \             /


450 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:34:50.94 ID:cf8nfIM0

 かくして見せた又十郎の腕前に、流石の大久保彦左衛門も納得。

      / ̄\
      .|    |
       \_/
        |
     / ̄ ̄ ̄\
   /  \ /  \     …いや、あっぱれあっぱれ!
  /   ⌒   ⌒  \   これなら親父にも負けぬ腕前。
  |    (__人__)    |    十分詫びの手土産になろう。
  \    `⌒´    / 
  /,,― -ー  、 , -‐ 、   
  (   , -‐ '"      )
  `;ー" ` ー-ー -ー'|


       / ̄\
       |     |
        \_/
        __|__
     /      \
    /   ノ::::::::::\\    …だが待てよ。
  /    <●>:::::<●> \   このままお前を連れて
  |       (__人__)   |   「又十郎が戻った」と申せば…
  /     ∩ノ ⊃  /   
  (  \ / _ノ |  |
  .\ “  /___|  |
    \ /___ /


451 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:36:20.21 ID:cf8nfIM0

                やっと帰ってきたんじゃねえか。
     |ヽ      ノ|  喜んで迎えてやるだろ、親の情的に考えて…。
     |  / ̄ ̄\│
     |/   _ノ  \                ⊂ニニ⊃
      |    ≪①><①>                   ノ L
      |     (__人__)              / ̄ ̄⌒
     |     ` ⌒´ノ              / \  / \
       |         }               | (● )(● ) |   勘当までしておいて、
      ヽ        }             |  (__人__)   |  ハイそうですかと迎えられるわけないだろ!
        ヽ      ノ             │  `|iiiii|´   }  お家の面目的に考えて…!
       /  ー‐  ⌒ヽ               |   |iiiii|    |
     /             \           │  `ー'   |
   :::::: ::;;::  ,,, ;;::: ,,::  ;;;;::::''         \      ノ
    ::::;; ::::::: ;; :::: ::::::::;;;::  ::::::;;   γ⌒⌒/    ー  \⌒⌒ヽ
     ::::::::;;::::::;; :::::::;;;:::::        (_ノノ/       ヽ !l ヽしし_)
       :::::::::::;;:: ::::::::         (   丶- 、    しE |
         ::::::;;;::::::::;;;;        `ー、_ノ   ∑ l、E ノ (
           :::::: :::::::         ::::::;; ::::::: ::::: :::::;;   ⌒
             :::::::::           :::::;;; ::::::::::::::: :::;
                / ̄ ̄\   :::;;;;::::::::;;;;;;;:::''
              / ─  ─ \ :::;
              |  <○><○> |
              |  (__人__)  |
                  |   ` ⌒´  }
                 |        |
                ヽ       │
                ヽ     ノ
          (柳生但馬守の心中想像図)

 「…あの意地張りのことじゃ。
  心の中では嬉しかろうに、家臣にも”あんな不孝者はもう要らぬ”と
  言っておる手前、会わぬと言い張るに違いない」


452 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:37:27.44 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |    |
         \_/
         _|__
       /     \キリッ
      /  :::\ ,::::, /:\. .    そこでじゃ!
    /    <●>::::::<●> \.   又!お前はその格好のまま、
     |       (__人__)   |.   南部の恐山よりやってきた山男となるがいい!
      \      ` ⌒ ´  ,/.   
.      /⌒~" ̄, ̄ ̄〆⌒,ニつ
      |  ,___゙___、rヾイソ⊃
     |            `l ̄
.      |          |

             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (●)r‐i (●) `ヽ   l レ' /   お、恐山からの山男…ですかお?
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   / 
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__  rー--
 -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |
      | ト--‐'ノ | | |  ゝ--‐'ソ ,. -‐'ヽ |
     レへー<.. | | |   >‐ァ'⌒ヽ、-へ|
    (  ))ー、`| | レ''´. -‐ト、   ノノ  〈

 このまま連れて行っても、
但馬守が意地を張って会わぬというやもしれぬと懸念した彦左衛門、ここで一計を案じる。


453 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:39:01.99 ID:cf8nfIM0
            / ̄\
           |     |
             \_/
               |
 l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \      そうじゃ。
 ヽ `_/ /   ./  \  /   \    そして口を開いてはならぬぞ、
 r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \   声を聞けば、流石にばれるからの。
  ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     | 
  `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


         / ̄\
        |     |
         \_/     なぁに、あとは万事この彦左の胸にある。
         _|__   任しておけ、任しておけ!
        / \ /\
 ミ ミ ミ /  ⌒  ⌒ \      ミ ミ ミ
/⌒)⌒)⌒.    (__人__)  \   /⌒)⌒)⌒)
| / / /     |r┬-|    | (⌒)/ / / //
| :::::::::::(⌒)    | |  |   /  ゝ  :::::::::::/
|     ノ     | |  |   \  /  )  /
ヽ    /     `ー'´      ヽ /    /
 |    |   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))


             ____ __
            'ーr‐‐r、`、 \
          . ‐'  ̄ ̄ ̄ `' 、ヽ.    1
      /.  / :  や  /     \ 、  l |
.      l.  /  __、 == ./___  u. l i  ノ l  
     li   l r' (-)r‐i (-) `ヽ   l レ' /  (…流石にちょっと不安になってきたお…)
     |li  l ヽ.__ニノ^ヽ....ニニ´-' ,. - '   /  
     ヽ`'┴ー(__人__)  -‐‐ ''"´  ,ィ l   
      ヽ、_  |r┬-|      _,,.. イ /┘
        >二`ー'´iニ二 --く.∠.__
  -‐'' ´| rァ-―、-‐/7 7'''ブ ̄`く  \   |


454 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:40:26.65 ID:cf8nfIM0
         / ̄\
         |     |
         \_/
        __|__.
       / ::\:::/::\
      / <●>::::::<●>\    そうと決まれば善は急げじゃ!
    /     (__人__)   \.  畿内!ワゴン引けい!!
     |       ` ⌒ ´     |
      \            ,/
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

          _
         /O \
          | °  |
         \_/
           |
.         /  ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /             \
.    /               ヽ   はい、只今!
.     |              ',
.     |      ⌒     ⌒    |
  i⌒ヽ   ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃ /
  ヽ  ヽ.      {_.ノ    /_,/⌒)
    ∧__,ヘl三三三三三三三;i'´::::ヽ/
   ヾ_:::ッリ ___     _|::::::::ハ
    i     |    |    |  | >'''


455 名前:やる夫で紹介する歴史伝奇 講談「柳生二蓋笠」 投稿日:2009/12/07(月) 00:42:26.02 ID:cf8nfIM0
 かくしてワゴン…ではなく馬が引き出され、
ひらりひらりと乗り込んだ二人は、一路柳生屋敷へ─!

    -=三 =-=三 / ̄\
            |    |
            \_/ヽ
                 \
         -= =-=三=/  ̄  ̄ \
   -=三=       /     ::\::::ノ\
             /    < ●>:::< ●>ヽ
             |       (__人__)  |
-=三 =-=三  =-=三\       ` ⌒´  /
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
-=. =- =..-    | ワ      ゴ      ン   R |
       .二三 |                      |
         |______________|
             ◎           ◎

,.,,,_
′-,,゛''‐-,,,_
  \,:'ク-二'''―,,,_
 -=三\,゚'ヽ,.゛゙'‐-,,_゙'''‐-,,,
     ゛ヽ_\_:::::::゛''''‐r,_゛'-,,_
       ゛'r,:゛,r,,,,,,,、=''゛::::_,_:゛'‐-,,_
       ″i│;;^゛'‐--z::| ゜゛'‐r,::"゛'-,,,
       、i'゙::,l゙;;;;;;; ,.、i'‐゙,r';;;;;;;;;;;l゙ ,.,i・'ヽ,゙゛'-,,,          、-=-,
  .-=三_,,,r'`::::::(,,,,,,,-'’:、i''゙;;;;;;;;;;;;;;;゙l::| ;;;;;″ヽ::´゛'-,,,    -=三/~ ̄\
  ,.,,-ー''´:: ,.,,,+'''‐r,,,、r.:::{,,,、-―,,,,/:],,v--―''゙::::::::,,,,,,二,--,,,, ,゙iュ,=∀=.r,r'
  `i,,,:::::::」゙~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;″ィ:::::,-----,,,,,-r,:、i――┬:│;;;;;;;;"广!、ゝ二l口二,r'
 ゛'‐-ニ二二゙゙゙゛'''‐'‐゙::L゙;;;;;;;;;;;;; ,.,,r゚:,l゙::::::::: ,.l゙::::l゙;;;;;; ,.,vー`::、i'’(p):〈`田〕
        ′”''''―-,,::゛r,;;;;;;;;;;、i'´:,,,r`:::::::: ,.l゙:、i'゚_-'~,,,,,,:::、i゚〈`゙iゝ,r'
         -=三ュ''´:::::::ト,,,-'’::、i'゚::::::::::::_,,r':::ごニッ:、i'゙::,l゙::.l゙  (_ゝッ
          ″ ̄!,:::::::::::::::コ,、ー'''゙゙ごi::::┌゚. ,r',r'::、i゚:/
      ゴーッ!!   ´|:::::、i'゙゛'・ー―巛'゙,,、ベ ,l゙::l゙::::(::l゙
             │:_l゙_v-冖二ー'''゙´  _/:::〕:::::| :゙l
           -=三|::::二-ー''~   _ー''`::,r,:゙L:,r' ,.|
             ,l゙''''´     ,.,r'~,,=―,_::7,,_| ~::::::゙l
             ´     ,./.::::テ!,ニニ,riiiy,“' ,.,,,,,,,l゙
                ,./,,r'イ、i'~.   ^゛'''-、i`
               ,.-'゙:J,,,,vl゙ヘ
          -=三 ,.,,,!,ミ-――'`
          、iヘ'゚´

index

柳生二蓋笠_index

ゲスト



トラックバック - http://arayamatooru.g.hatena.ne.jp/inugamikoubouathangul/20090314